FC2ブログ

小説・蜻蛉の記(貴久の心)・1 

辺りはとっぷりと漆黒に包まれ、今何刻なのかもわからなかった・・・


しんとした部屋の中、深く息をするのも骨が折れた。


・・・わたしは、どうしたんだった・・・?

関連記事

0 Comments

Leave a comment