FC2ブログ
FC2ブログ

Category: 夏の秘めごと  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

夏の秘めごと 1

No image

大二郎に別れを告げた禎克は、バスケ部員全員とそろってバスに乗り込み、開会式に向かった。膝を怪我した先輩も、きつい痛み止めを射って同行する。かなりの痛みを我慢しながら松葉杖をつかないのは、対戦相手に手の内を漏らさないためだ。どこのチームも、ぎりぎりまで手の内は明かさない。先発メンバーを隠す情報戦も試合の内だった。翌日から慌ただしく、各会場で試合が始まる。*****「先輩。足は大丈夫ですか?」小声で禎...

  •  5
  •  0

夏の秘めごと 2

相手チームの先発メンバーは、全員揃って禎克よりもかなり長身だった。横幅も厚みがあって、傍に来るだけで圧倒される。「潰すぞ!」「くっ……!」「舐められたもんだな。おれのマンツーの相手が一年坊とはな。」相手のチームは優勝候補の試合巧者で、キャプテンがベンチスタートと見るや、当然一気に禎克の所から攻めてきた。禎克は、他の選手の中に入ると、どうしても目立って線が細い。ボールごと何度も強引に弾き飛ばされた。離...

  •  3
  •  0

夏の秘めごと 3

しかし善戦虚しく、初出場の禎克の高校は、結局一回戦で惜敗する。高さの前に、あえなく無名校は屈した。初出場校ながら、一時は二点リードするところまで相手を追い詰めたが、地力に勝る相手校が結局逃げ切った。少ない攻撃の最中、最後の笛と共にアリウープを狙ったボールは、点々と虚しくフロアを転がった。「68対62 勝者、斎条工科大付属高校。」「礼っ!」「……したっ!(ありがとうございました!)」「あっ、金剛っ!」...

  •  1
  •  0

夏の秘めごと 4

No image

帰りのバスに乗り込む前、禎克は上谷の姿が見えないのに気が付いた。「あれ?上谷先輩?さっきまでいたのに……。」「キャプテンを迎えに行ったんじゃないのか?」ボールを入れたバッグも見当たらない。「ちょっと、捜しに行ってきます。」用具運びは一年の仕事だと思い、もう一度控室に戻った禎克は、ドアの前で固まった。上谷の低い嗚咽とキャプテンの慰める声が聞こえてきた。「……うっ……うっ……。」「インハイ……終わったんだな。も...

  •  5
  •  0

夏の秘めごと 5

No image

「おい。金剛!上谷はいたのか?」「う……わっ!」「そこで何やってんの?」集合場所になかなか戻って来ないのに業を煮やし、二年生のマネージャーが禎克を探しに来た。「お前……なんだ、真っ赤じゃないか。熱でも出たか?」「ち、違いますっ。これは、あのっ……あのっ。」ひょいと控室から顔をのぞかせた上谷が、慌てふためく禎克を見て、何かを察したのか、くすり……と笑った。上谷の目元が紅いのは、きっとさっき泣いていたせいだろ...

  •  3
  •  0

夏の秘めごと 6

No image

「サダ、うるさいぞ!みんな寝るんだから、静かにしてろ。」「あ、はい。すみませんっ。」前方に声を掛けたが、上谷の発した単語一つに心臓が跳ねたまま動悸が収まらない。試合の後で知ってしまったとんでもない事実に、禎克は焦りまくっていた。「あの……上谷先輩?ここよりも、キャプテンの所に行った方がいいんじゃ……?」「なんで?」「なんで……って。」顔色も変えない上谷に、さっきの二人の会話はなんだったんだと問いたくなる...

  •  2
  •  0

夏の秘めごと 7

No image

潤んだ目で責めるように上谷を見たが、上谷は酷薄にも見える薄い笑みを浮かべたまま顔を寄せると、禎克の首筋を舐め上げた。「やめて、くだ……さい。」ぞくりと快感と悪寒が入り混じったような、例えようのない感覚が禎克を包んでゆく。肌が粟立った。悪意の込められた愛撫に翻弄されて、若い牡の先端は露を抱きしとどに濡れそぼっていた。理性では、追い詰められてゆく自分を制御できなかった。ふふっと、上谷が鼻先で笑う。「たま...

  •  1
  •  0

夏の秘めごと 8

No image

数時間後、バスは正門前に到着し、すぐさまインハイ解散式が行われた。キャプテンが最後の挨拶をした。「今日は、各自ゆっくり休め。明日は一日休養日にする。明後日からは、ウインターカップ予選に向けて通常練習開始。いいな。」「はい!」「ん、金剛?どうした?いつも一番返事でかいくせに、今日はおとなしいな。」禎克は、何も言えなかった。キャプテンの横に佇む上谷を意識して、とても平常心ではいられなかった。「車酔いで...

  •  4
  •  0

夏の秘めごと 9

No image

いつまでそうしていただろう。疲れていた禎克は、いつの間にか裏口のドアにもたれて眠っていたようだ。誰かの気配を感じて、目を上げれば小さな影が立っていた。「さあちゃん……?」「……。」逆光の中に、待ち人がいるのを信じられない面持ちで見上げた。ずっと会いたかったから、夢を見てるのかな……と思う。「さあちゃん。暑いのにこんなところで待っていないで、部屋に入ってれば良かったのに。」「……大二郎くん?」「待っててくれ...

  •  6
  •  0

夏の秘めごと 10

No image

勝手知ったる小さな風呂に、禎克は湯を張った。シャワーだけでなく、きちんと湯につかりたかった。「さあちゃん、着替え持ってる?おれの使う?」「あるよ。一回戦で負けてしまったからね。」「あんなところで眠ってるんだもの、驚いたよ。汗だくでしょ?」「うん。 べたべた。」「ねぇ、さあちゃん。一回戦の相手って、強かった?」「うん。半端なく強かった。ガタイがでかくて、何度も飛ばされたよ。ほら、ここの所、痣になって...

  •  2
  •  0

夏の秘めごと 11

大二郎は、それから思いもよらない話を打ち明け始めた。「お師匠さんとおれは顔は似てても、やっぱりまるでオーラが違うってことなんじゃないかなぁ?この間なんて、満員電車に乗ったら痴漢されちゃって。」「え……大二郎くん、痴漢されたの?」「うん。何かさ、手を前に回して来て、後ろからもぞもぞしてたやつが、おれのちんこに触って驚いたみたい。女の子だと思って一生懸命触ってたのに、柏木大二郎には顔に似合わぬ立派なもの...

  •  2
  •  0

夏の秘めごと 12

No image

さっさと脱いでしまった大二郎は、締め付けられるのが嫌だと言って、部屋では元々何も身に着けない。ぬるま湯を掛けられた禎克は、背中を向けてそっと濡れたジャージを脱いでいた。別に恥ずかしくもなんともないのだが、下着がぬめって気持ちが悪かった。自分から出た物とはいえ、帰りのバスの中を思い出して憂鬱になる。そっと、汚れたぱんつだけを抜き取ってタオルに挟みこむと、シューズ入れに押し込んだ。大二郎が下からひょい...

  •  4
  •  0

夏の秘めごと 13

No image

「こっち来て座って、さあちゃん。」忙しなくバスタオルを使った大二郎は、禎克の手を曳くと、寝台の横に坐らせた。湯上がりの肌にバスローブをふわりと肩から掛けると、膝を付いてうつ伏せになるようにささやく。戸惑っていると、こうするんだよと手を伸ばして伏せて見せた。「……こう?」視線を絡めて、変わらぬ笑顔を向ける大二郎にほっとする。「そうそう。さあちゃんが一番楽な方法で、いい気持ちになれるようにするから、おれ...

  •  2
  •  0

夏の秘めごと 14

No image

BL的性愛描写があります。ご注意ください。「さあちゃん、も、いくよ。限界っ。」わずかに上ずった大二郎の声は、否応なく禎克を征服する覇者のものだった。抗えない禎克の喉が、言葉もなくごくりと上下する。背後から固いものが、ありえない場所に侵入しようとしているのを、身をすくめて待っていた禎克に、大二郎がささやく。「ゆっくり挿れるから……ね。さあちゃんは、そのまま、じっと、して……て。」強張った背中を、ゆっくり...

  •  2
  •  0

夏の秘めごと 15

No image

二人はしばらく抱き合っていたが、やがて、どちらかともなく見合った。ぐ~……「大二郎くんのおなかが鳴った。」「おなかすいた~。」「そうだね。ぼくも。」それからルームサービスを頼んで、軽く食事をとった。何もせず抱き合っているだけで満足げな禎克に、本当はもっと愛し合いたいと大二郎は少し物足りなさも感じるが、元々淡白な性質なのかもしれないと思う。傍に居るだけで、そこかしこに散らばった至福のかけらを拾い集める...

  •  2
  •  0

夏の秘めごと 16

No image

「……。」「さあちゃん……?怒ってる?」「ベ、ツ、ニ。」「怒ってるじゃないか~~~!」黙々と食器をトレイに戻す禎克は、わざと意識して冷たい目線を向けた。「ぼくの知らないところで、大二郎くんに何かあってもどうしようもないと思ってるよ。お互い、離れて時を重ねてきたわけだし……大二郎くんが、初めてじゃないことくらいぼくにだってわかるよ。だって、負担掛けないように気を使ってくれてたし。すごく上手で……気持ち良かっ...

  •  2
  •  0

夏の秘めごと 17

No image

名残は尽きず離れがたかったが、別れることにした。何度めかの深いキスを交わした後、二人は再び引き寄せられるように抱き合った。「さあちゃん……。声が聞きたくなったら、電話してもいい?」「うん。ぼくもできれば、少しでもいいから大二郎くんに逢いたい。」「いっぱい、愛し合おうね。」禎克は返事の代わりに真っ赤になって、そそくさと着替えをした。「さあちゃん。おれ、そこまで送っていくよ。」禎克のバッグを抱えた大二郎...

  •  0
  •  0

夏の秘めごと 18

No image

一体何を話すと言うのだろう。禎克は、今日明日の休みで、何とか気持ちを立て直すつもりだった。禎克の曇った表情と、思わず力の入った拳を見て、大二郎の細い柳眉がくっと上がった。営業用の儚い優しげな笑みを浮かべると、上谷に向かって声をかけた。「初めまして。柏木大二郎と言います。禎克くんの幼馴染です。」「知っている……。きみの舞台は先日見せてもらった。金剛に教えてもらって、初めて大衆演劇を観たけど、すごく面白...

  •  0
  •  0

夏の秘めごと 19 【最終話】

No image

禎克の話をさえぎって、上谷は叫んだ。「金剛の出すパスコースが、相手の裏をかくのはわかったけど、おれが金剛に合わせなかったんだ。わかりきったパスコースにいるおれへのボールがカットされてスティールされたのは、当たり前のことだ。絶対に金剛のせいじゃない。」「負けたのが誰かのせいって言う話なら、それはむしろおれだ。おれは金剛の才能に嫉妬したんだよ。金剛と組んで練習するうちに、達也さんの膝が直っても、きっと...

  •  4
  •  0

夏の秘めごと 【あとがき】

...

  •  3
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。