FC2ブログ
FC2ブログ

Category: 純情男道  1/1

 純情男道 1

No image

ごつごつと骨ばった指が、頭上に降りてきた。「周二坊ちゃん。しばらくの間、お別れです。」逆光で顔は見えない大柄な男が、泣いているのは震える声でわかった。「門倉、血の匂いがする。これからサツに行くのか?」「はい。親父さんに背くような真似をして、申し訳ありません。若の事をお守りするのが、わたしの役目だったのですが、できなくなりました。後の事は、木本に頼んでありますから、若は……どうぞ、お元気でいてください...

  •  5
  •  0

純情男道 2

No image

周二は、マンションの窓から、桜吹雪が盛大に舞いあがるのを見ていた。「すごい青嵐だな。桜ももうお終いだな、隼。」「今日、雨が上がってよかったね、周二くん。夜桜の下でパパの作ってくれたお弁当一緒に食べようね。のり巻きも、唐揚げもあるの。でっかいイチゴゼリーもね。」「おうっ。だけどな、俺はほんとは花よりも団子がいいんだ。お前のぱんつの中のさくら餅を食いたいぞ。」「や~ん、ぼくは、さくら餅じゃないです~。...

  •  0
  •  0

純情男道 3

No image

満開の夜桜は、うっとりするほど綺麗だった。本来なら気心の知れた者同士、春の宴は楽しいものとなっただろう。だがその日、木本から聞かされた話は、周二にとって少しばかり厄介なものだった。「なんだ、木本。門倉の事だろ?盛大に迎えてやんねぇとな。」「そのことなんですが、親父さんは、どうあっても門倉の兄貴と会う気はないそうです。」「は……?そんなわけねぇだろ。元はと言えば門倉が実刑食らった原因は、親父じゃねぇか...

  •  0
  •  0

純情男道 4

No image

そして門倉宗次は、出所日を迎えた。門倉は、恐らく迎えの者など一人も無いと思いながら、久しぶりの娑婆の高い太陽を見上げた。切り取られていない、広い空を眺めると風の中に春の香が混じっているのに気付く。「さて……と、どうしたもんかな。」これから一人、どうやって生きてゆこうかと思う。自首する前には、馴染みの女もいたが、結局何も告げずに捨てた形になってしまった。自分と関わって、迷惑がかかるのを恐れた。報復の代...

  •  0
  •  0

純情男道 5

No image

門倉は笑っていなかった。膝を崩し、ゆっくりと、何杯も温燗を煽っていた。「そ……そりゃ、そういったけど、ちょっと待て。隼は物じゃないし、あいつを門倉にくれてやるわけにはいかない。」「それでは約束が違います。」「なぁ。これから金が要るだろう?俺はそのつもりで、バイトの金や小遣いをずっと貯めて来たんだ。ここに、200万ある。門倉の苦労を思えば足りないだろうけど、受け取ってくれないか。」傍にいた木本は、先代...

  •  2
  •  0

純情男道 6

ぽんぽんと隼が周二の背中を宥めるように撫でた。「大丈夫だよ。周二くん。何が起きても、周二くんもぼくも何も変わらない。大丈夫。ぼくは、周二くんを守るよ。」隼は紙のように白くなったまま、唇だけを赤くして、自分に言って聞かせるように、もう一度、大丈夫と繰り返した。「でも、そばにいてね。ぼくが逃げ出したりしないように、ぎゅっと手を握っていてね。」「ああ。一緒に居る。」付き合っていくうちに、隼は周二の稼業や...

  •  3
  •  0

純情男道 7

No image

隼はどこまでも健気に、顔をこわばらせる周二に向かって、微笑んで見せた。ぞわりと這い上がって来ようとする恐ろしい黒い影に怯えながらも、周二を守ろうとしていた。内に潜む昏(くら)いものに捕まってしまえば、隼は自分の白い部屋に逃げ込むしかなくなると分かっていた。誰の声も届かない、音の無い温かい白い部屋の壁だけを見つめて、幼い日、長いこと隼は精神の均衡を失っていた。傍目にはぽっかりと何も映さない瞳を見開いて...

  •  0
  •  0

純情男道 8

No image

門倉は隼を抱き起こし、そっと着物を羽織らせてやった。「大丈夫かい?もうお終いだからな。」「はい……。」「怖がらせて悪かったな。お稚児さん、頑張ったなぁ……。ぴぃぴぃ泣いて、すぐに助けを呼ぶと思ったんだがな。おじさんは、ちっとばかりつまんねぇな。泣き喚いたら、本気でこれを挿れてやろうと思ってたんだがな。ほら……。」「わ……。」昔、極道内で流行っていた門倉の真珠入りの股間の変形一物に、隼は目を瞠ったが、そのう...

  •  4
  •  0

純情男道 9

No image

門倉は、姐さんと呼ぶ女将と話をしていた。何処か晴れ晴れとして、これから郷里に帰るんだと語った。「あんたもつくづく、面倒くさい男だねぇ。全く。」「すみません。」「あたしが知らせてやってただろう。心配しなくても、性根は最初にあんたが育てたんだ。周二は大丈夫だよって。」「年を取ると、自分の目で確かめなきゃ気が済まないんですよ。でも、姐さんの言うとおりでしたね。あのお稚児さん、動じませんでした。あれなら、...

  •  0
  •  0

純情男道 10 【最終話】

旅立ちの日、木本は空港で組長から預かって来たものを、そっと門倉に渡した。「なんだ?」「親父さんからの餞別です。」木本が渡したものは、門倉名義の通帳と印鑑。そして、門倉が昔一緒に住んでいた女が営業している店の住所だった。「いつか、隠居したら会いにいくそうです。「それまで、くたばるじゃねぇぞ」ってのが、親父さんからの伝言です。」「この住所は……?「門」……?料理屋?」「新しい落ち着き先です。出所するのを待...

  •  3
  •  0