FC2ブログ
FC2ブログ

Category: 恋するアンドロイドAU  1/1

恋するアンドロイドAU 作品概要

No image

作品概要アンドロイドAU(本名 上田厚志)幼いころはとてもみにくい子供だった。近所の高校生のお兄ちゃんの一言でがんばって綺麗に変身し、今は世界的に有名なデザイナー、マルセル・ガシアンの専属モデルをしている。ユニセクスモデルとして名をはせた美貌のあっくんだが、今もその時の高校生(秋月音羽)を妄信的に愛している。秋月音羽上田厚志(あっくん)の恋人。兄の、上田厚一郎とあっくんとの間の生体肝移植手術を行った...

  •  0
  •  0

恋するアンドロイドAU 1

昨年末の話だった。人気ユニセクスモデルのATUSHIこと上田厚志は、せっかくの休暇をたった一人で過ごしていた。恋人の秋月音羽がクリスマスにカードと、仕事で逢えなくなったと言う内容の短いメールを送って来て、恋人たちの大切なクリスマスに何のイベントもないのが決定的になってしまった。「お~、まいが……っ。」あっくんは携帯を握り締めて、泣きぬれていた。傍には、「メリークリスマス」と、簡単なメッセの入ったカー...

  •  0
  •  0

恋するアンドロイドAU 2

まだ上田家が日本にいた頃、元々肝臓に持病を持っていた兄の厚一郎の容体が悪化した。あっくんの大好きな厚一郎はどんどん弱ってゆき、顔色が黄色くなってベッドから起き上がれなくなった。米国に治療に渡って、主治医は手を尽くしたが既に手の施しようがなかった。もう生体間肝移植しか生きる道はないだろうと主治医に聞いたちびのあっくんは、早く大きくなるから待っててねと口にして以来、本当に大人になってドナーになってくれ...

  •  2
  •  0

恋するアンドロイドAU 3

音羽が北欧行きのチケットを片手に、やっと自宅に着いたとき、家はもぬけの殻だった。「あっくん……?いないのか?」人気のない賃貸マンションで、音羽の一番好きなあっくんの顔の大きな写真パネルだけが音羽を待っていた。キッチンのコルクタイルばかりか、リビングの床に敷き詰めたテラコッタタイルにもあちこち滲みが出来ているのに気付く。どうやら留守の間に大規模な張替が必要になりそうだ。「厚一郎の所へ行ったのか。まあ、...

  •  0
  •  0

恋するアンドロイドAU 4

「あの箱の中、何が入っていると思う?ルシガ。」厚一郎はほんの少し顔を曇らせた。あっくんが、また何かしでかしはしないかと、心配だった。「考えたくもないが、音羽の大好物だとか言ってたな。……気の毒に、音羽の旅行計画は厚志の毒を食らって台無しになるかもしれないな。」「せめて二人の無事を神に祈ろう、ルシガ。」さすがに、厚一郎にも否定できなかった。あっくんの料理は、最終兵器並にキッチンを殲滅する。二人は、同時...

  •  0
  •  0

恋するアンドロイドAU 5

音羽はぬるぬるとしたうなぎの頭を器用に抑えて、あっくんの頬のあたりにぺたりと押し付けた。そのまま滑らせて、へその辺りに円を描くようにこすり付けた。「ほら。これがゆっくりと入っていく感覚ってどういうのだろうねぇ。あっくん……、この大きなうなぎ、自分であそこに入れてみようか。」すっかり萎縮してしまったあっくんは、ぶんぶんと首を振った。ほろほろと転がる冷たい涙と怯えてしまったせいで、指先まで冷たくなってい...

  •  0
  •  0

恋するアンドロイドAU 6 【最終話】

『買い物をするときは、音羽に聞いてからにすること。』「でも、音羽が忙しい時は?メールしても出てくれないときもあるし。」「そういう時は、厚一郎とルシガに相談だ。」「はぁい。」忘れないように大書した紙が、冷蔵庫に張られた。さすがにすっぽんは音羽の手に負えなくて、魚屋に頼んで引き取ってもらうことになった。すっぽんは、精力増強に効くだけではなく美容(お肌)にもかなりいいらしい。あっくんは、コラーゲンが豊富だ...

  •  6
  •  0