FC2ブログ
FC2ブログ

Category: 最愛アンドロイドAU  1/2

最愛アンドロイドAU 1

ロボット工学の分野では、一応かなりの有名人らしい兄の音矢(おとや)が、アメリカから電話をしてきた。向こうで結婚式を挙げて以来、ずいぶん長いこと帰国もせず顔も見ていない。仕事が忙しいと言う触れ込みだったが、かなり秘密裏なことにも関わっているようで、産業スパイの接触を恐れて、プロジェクトが完了するまで国外に出して貰えないと言うのが真相らしい。まあ、製薬関係でもそういう話は良く聞くから、身内にも漏らして...

  •  6
  •  0

最愛アンドロイドAU 2

早速、直通電話へ掛けて、兄貴に文句をいう事にする。「何だよ、これ!ただの家事ロボットに何で、こんなビジュアルと下半身が必要なんだ?おかしいだろう!?」「あの……。博士はご自宅に戻られました。」受話器の向こうが音矢じゃないのに、やっと気が付いてどっとテンションが下がった。「せっかくのお手伝いロボットですから、お客様にも楽しんで戴こうと思いまして、当社もいろいろオプションを考えました。しばらくそちらでモ...

  •  4
  •  0

最愛アンドロイドAU 3

電話口で思わず喚いてしまった。相手はまだ若い子供のような男の声だ。機械音のような気もするし、時差のせいか多少ちぐはぐなこともある。「……はい。失礼いたしました。当方では、クライアントとアンドロイドは、婚姻のように互いを思いあうような関係であるべきと思っておりますので、そのような契約書を作りました。婚姻関係を結ぶような深い愛情を持って、アンドロイドをお傍に置いてほしいのです。」「そうか。このふざけた内...

  •  6
  •  0

最愛アンドロイドAU 4

背を向けたまま、ぱらぱらとマニュアルをめくった。音羽の持つ、分厚いマニュアルに書かれた「重要項目」はいくつもあった。名前を呼んで仲良くなってくると、出来る事が増えて、言葉と表情も豊富になるらしい。育成ゲームの高度な奴みたいなものだろうか。アンドロイドが何らかのトラブルで暴走したときには、機能を停止させるのだが、そのための方法の載ったページを読んで、音羽は脱力した。抱きしめて耳元でささやく機能停止の...

  •  2
  •  0

最愛アンドロイドAU 5

バコーーン!!「ぅわ……っ!!何!?何……!火事か?」目が覚めた音羽は、一瞬自室にいるのを疑った。辺り一面、白い煙が立ち込めていた。煙の向こうにアンドロイドが呆然とした様子で佇んでいた。「AU……じゃない…あっくん!無事なのか?」「ご主人様……。すみません。」「何があったんだ?何か焦がしたのか、これ。」白い身体に薄いベビードールのネグリジェを身に着けたヴィーナス……あっくんは、どうやら何か失敗したらしい。「...

  •  5
  •  0

最愛アンドロイドAU 6

緊迫した難手術が無事成功に終わり、音羽は祝杯をあげようと執刀した大学病院のチームに誘われた。誰もが近づきになりたいと願う、今の日本では最高峰と言われる面々だ。だが、音羽はあっさりと断りを入れた。「すみません。今日はずいぶん前からの約束事が有って外せないんです。次回は必ず参加しますから誘ってください。」「え~っ、秋月先生、いらっしゃらないんですか?縫合のコツとかピッツバーグの話を聞きたかったのに。彼...

  •  2
  •  0

最愛アンドロイドAU 7

水浸しの原因が、発覚した。泡をまき散らしながら、洗濯機が激しく振動し、ありえない音を立てていた。グワングワンという音と、大量の泡に慌てて音羽はコンセントを抜く。「あっくん!これは……一体、どうしたの?」あっくんは、結露を拭き顔をあげた。うるうると瞳が濡れている。「ご主人さま。ごめんなさい。あっくんは、洗いものをしようと思いました。」「うん。全自動だよ?洗濯物を放り込んでスイッチ入れるだけだね。」失敗...

  •  4
  •  0

最愛アンドロイドAU 8

あっくんの深く澄んだ緑の瞳には、一体自分はどんなふうに写っているんだろう。どんな理由にせよ、好ましいと思ってくれているのは確かなようだ。じっと、音羽を見つめたあっくんが、目許を染めて視線をずらした。音羽はあっくんに買って来た、婦人物の洋服の中からユニセクスなものを選んで着せた。ぱんつはなかったので、悩殺ぱんつそのままにしておいた。ゆったりとしたスウェットを着せたらずいぶん理知的に見える。見かけだけ...

  •  6
  •  0

最愛アンドロイドAU 9

想像通り、吸い付くような肌だった。音羽が知る限り、付き合ったことのある白人の肌は皆、きめが粗くどこか乾燥した印象だったが、あっくんの肌はすべすべと指先に吸い付くようだった。もしかすると東洋系の血が混じっているのかもしれないと思う。両手をまとめて持ち上げれば、白い腋に少しの薄い金色の産毛がそよぐ。無機質なアンドロイドだと言われてみれば、確かにそう思える作り物めいた身体と顔だった。しかし人形の下肢には...

  •  4
  •  0

最愛アンドロイドAU 10

朝。微睡(まどろみ)の中で音羽は隣りで眠っているはずの、あっくんに手を伸ばした。幸せそうに音羽の胸に頬を寄せ、大きなエメラルドグリーンの瞳を煌めかせていた。起き抜けの音羽に、ご主人さまの心臓の音が聞こえます……と、頬を染めて嬉しげに笑った。……昨日までは。「あっくん……?」伸ばした腕が虚しく空を切り、音羽は一気に覚醒した。「あっくん!どこだ!」隅から隅まで捜してみたが、狭いマンションの中、アンドロイドAU...

  •  4
  •  0

最愛アンドロイドAU 11

いつも通り音羽が大学病院へ出勤すると、空気がざわめきどこかいつもと違っていた。興奮に鼻を膨らませた、医局の同僚達が駆け寄ってくる。「おめでとうございます。秋月先生。やりましたね。」「え?何かやらかしましたか?何もやっていませんけど……?」「違うよ、何を言ってるんだ。その手術の話だよ。デリンジャー博士からの直々のお声がかりで、秋月先生が後継者に選ばれたんだよ。日本の秋月音羽に、自分の持つ全ての技術を伝...

  •  4
  •  0

最愛アンドロイドAU 12

デリンジャー博士への挨拶のあと、大学職員に部屋を案内してもらった。当たり前なのだが、以前、留学していたころとはまるで待遇が違っていた。部屋は続き部屋で小さなキッチンまで付いている。すぐに荷物を解こうとして、音羽はソファに掛ける兄の姿に驚いた。「兄さん。な、何で、ここに……?」「よう、音羽、久しぶりだな。そろそろ来るだろうと思って待っていたよ。おれの結婚式以来だから、7年ぶりになるか。」「良かった。す...

  •  2
  •  0

最愛アンドロイドAU 13

男装の麗人のようだと言うので、近所の女の子は密かに金髪の兄貴の方を「オスカルさま」と呼んでいた。しかもご丁寧に黒髪の恋人が出来て、そっちについたあだ名は当然アンドレだった。確かに眺めているだけで、男装の麗人オスカルと従者のアンドレは、誰もがうっとりと見惚れるほど美しい恋人たちだった。あの綺麗な人は、どんな声で愛を語るのだろう。そう考えただけで、音羽の芯は放出したくなるほど熱を持った。「そういや確か...

  •  2
  •  0

最愛アンドロイドAU 14

レシピエント……移植手術を待っている患者の事をそう呼ぶ。手当てを尽くし、移植手術が最終手段だとしても、簡単に手術というわけにはいかない。脳死患者からの移植には、驚くほどたくさんの待機患者がいたし、その順番を待つうちに果たせぬ希望に絶望したまま儚くなるものも多い。残された唯一の道は、生体肝移植という事になる。しかし、一口に移植といっても適合条件は多く、手術に至るにはいくつもの高い壁があった。デリンジャ...

  •  5
  •  0

最愛アンドロイドAU 15

付添い用のベッドに浅く腰掛けて、あっくんは音羽に顔を向け泣きぬれていた。深く澄んだ海の色にも似た、濃い緑の瞳が涙で溺れそうになっていた。音羽を見るなり、小さく頭を振ってあっくんは脇をすり抜け、その場から逃げ出そうとする。音羽はあっくんを難なく捕まえ、やっと思うさま抱き締めた。どこかにぽかりと空いた喪失の感覚が、あっという間に満たされてゆくのを感じた。ほんの短い時間関わっただけなのに、とうに運命の半...

  •  0
  •  0

最愛アンドロイドAU 16

「音羽。ここに印を付けて。前みたいに。」「でも、手術前だからなぁ……。見えないところならって言っても……ないんだなよぁ。」逡巡する音羽に、ゆっくりとボタンを外すあっくんは、音羽の前から去ったのち吸痕が消えてゆくのが悲しかったと語った。「自分でちゅっとしようにもね、音羽は……届かないところにいっぱい印を付けたから、駄目だったの。腕の内側だけ、ほら、ちょっとだけ薄く残っているでしょう?でもね、ここもモデルだ...

  •  2
  •  0

最愛アンドロイドAU 17 【最終話】

手術の日の朝。あっくんとオスカル……隣でそう呼ぶと、ルシガという恋人が青筋を立てて怒るのだが、もうすっかり音羽の中ではそんな名前になっていた。「違う~!って言ってるだろう。全く、物覚えの悪い医者だな。こんなやつに可愛い弟をくれてやるのか、厚一郎。考え直した方が良いぞ。」オスカルは愛おしい黒髪のアンドレに手を伸ばし、束の間の別れを告げた。「ルシガ。オスカルは……最愛のアンドレより後から……死ぬ……んだ。今の...

  •  9
  •  0

夢見るアンドロイドAU  1

生体間肝移植手術が成功に終わり、ドナーのあっくんは無事に音羽の元に帰ってきた。レシピエントの兄、厚一郎も予断は許さないが、恋人ルシガの献身的な看病を受け、日々少しずつ快方に向かっている。一番厄介な、免疫性の合併症の発症も、今は抑えられていた。退院後、あっくんは病院の近くに住まいを移し、音羽と一緒に住んでいた。今はまだ、自宅安静が必要だったので、音羽は恋人兼主治医として一緒に居ることにした。これまで...

  •  8
  •  0

夢見るアンドロイドAU 2

抜け殻のように残された、あっくんの七色ぱんつを握り締めて、音羽が茫然としていたその頃。輝く金髪碧眼、美貌の兄の厚一郎の胸で、あっくんはめそめそと泣きぬれていた。「あうっ……うっ……えっ、えっ……ん……音羽の馬鹿ぁ~……。」思いっきり日本名なのだが、上田兄弟は8か国の混血で、誰がどう見ても白人にしか見えなかった。ちなみに、兄の厚一郎の日本でのあだ名は、ラスカ……オスカルという。曾祖父が日系人で、一族の全ての男子...

  •  4
  •  0

夢見るアンドロイドAU 3

あっくんが家出したのち、傷心の音羽は、診察に来た麗人オスカル……(あっくんの兄ちゃんの日本在住の頃のニックネーム)ではなく恐ろしい顔をした従者のアンドレ(こっちもニックネーム、本名はルシガ)の方に睨まれていた。ちゃんと順番を取り、偽名で予約を入れてきたから逃げようもなかった。恐ろしい形相に、看護師もさりげなく消えた。「あ……の~?何でそんなに睨みつけて居るんでしょう……?看護師が逃げましたよ、Mr.スタ...

  •  4
  •  0

夢見るアンドロイドAU 4 

音羽が眺めたあっくんの動画の中に、ショーの最後のメインドレスを着たあっくんに駆けより抱擁し、舐めまわすように何度も熱いキスをする目障りな男がいた。笑顔でいなしてはいたが、さすがにちょっとむかついて、これは誰なんだと追求したら、専属のデザイナーだよと事も無げにあっくんは告げた。嫉妬してくれたの……?と音羽の胸にすりすりと鼻を寄せてくる。だが音羽が思うに、あっくんとキスをした17人の中に、間違いなくこい...

  •  2
  •  0

夢見るアンドロイドAU 5

あっくんに抱きついて、かみつかんばかりの勢いでキスを送りまくりのマルセル・ガシアンという男は、有名デザイナーだがその出生については謎めいている。成功を妬むものは、彼の成功の影にはマフィアの存在があると、半ば本気で噂をしたし、本人に勇気を出して聞いたものは、八角眼鏡の奥の笑っていない凍った眼光に肩をすくめた。才能一つでここまでのし上がる為に、身体を張ったなどという成功者に当たり前の話は、今更誰も語ら...

  •  4
  •  0

夢見るアンドロイドAU 6

「ルシガーーーーッ!!くっそ~~!!黒髪の悪魔め!」休憩時、やっと携帯を開きあっくんに電話を掛けようとした音羽が、着信に気が付き咆哮していた。「ド、ドクター……?」いつも穏やかにアルカイックスマイルを浮かべた東洋人のドクターが、黒髪の男を診察して以来ぶっ壊れていると、看護師たちが噂をしている。勿論、音羽が仕事に私情を挟みミスを犯すことなどはなかったが、元々表情の乏しい音羽の苛立ちを感じて、周囲はどこ...

  •  4
  •  0

夢見るアンドロイドAU 7

そこにいる八角眼鏡のいけ好かないデザイナーは、音羽の目の前であっくんの腰に手を回しでかい蝉のように背後に張り付いてしがみついていた。あっくんの何もない胸に、長い指が乗っていた。音羽のどこかで理性の糸が、ぷつぷつと切れてゆく。「音羽……。あの、インラン……って?どういう……意味?あっくんのことなの…?」あっくんは残念ながら理系脳しか持っていない。日本語は堪能だが、そういった単語までカバーしていなかった。デ...

  •  4
  •  0

夢見るアンドロイドAU 8

可哀想なあっくんは、すんすんと鼻を鳴らしながら泣き寝入りしてしまった。厚一郎は、涙の跡をそっと指でなぞった。小さなころから一途に、音羽だけを思い続けたあっくんは、ほかの誰かに自分がどう思われるかあまり気にしたことがない。呪縛の中にいた頃のあっくんは、いつも周囲にいじめられて学校に行ってもたった一人ぼっちだった。いつもめそめそしていた小さな弟が、ある日突然「あっくんは、お兄ちゃんみたいになれるのかな...

  •  0
  •  0

夢見るアンドロイドAU 9

ベッドサイドの明かりを落とし、厚一郎がリビングに戻るとルシガがうなだれていた。衣擦れの音に気付いたルシガは、思い詰めた顔を上げた。「…すまない。君のひよこを、あんなに泣かせるつもりじゃなかった。」「うん……でも、ひどく泣いてしまったね。厚志は音羽に捨てられるって泣きながら眠ってしまったよ。ルシガ……、わかっているよね。ぼくのここには、厚志に貰った肝臓が入っている。」「ああ……。」「君は手術前に厚志に言っ...

  •  6
  •  0

夢見るアンドロイドAU 10

……溺れていた。長らく触れていなかった最愛の厚一郎の肌は、ルシガの指に応え薄紅の薔薇色に染まってゆく。ルシガは、厚一郎のしなやかな肢体に夢中になっていた。「……はぁ…はっ……ぁ……んっ……。」月明りだけが射す広いリビングに、甘い吐息が満ちてゆく。ルシガの手の内にあるアルテミスの剣は、力を入れて握り込めば押し返すようにじわりと芯を持ち、ほんの少し質量を増やし頭をもたげた。天鵞絨(ベルベット)の手触りを楽しむよ...

  •  2
  •  0

夢見るアンドロイドAU  11

翌日、早朝からfaxがフル稼働していた。リビングの床一面に送られてきたデザイン画が広がっている。驚いたあっくんは、すぐに専属デザイナーに連絡を取った。「どうしたの?マルセル…山ほどデザイン画が送られてくるんだけど……」「次のショーで、君が着る予定の服だ。」ぽっこりと腫れた目を冷やしながら、顔ツボマッサージをしていたあっくんは、驚きながらも何やら嬉しげだった。大きな傷をお腹に持ってからは、メインモデルと...

  •  3
  •  0

夢見るアンドロイドAU 12

その後、厚一郎は高い熱を出し、大学病院の寝台に逆戻りしていた。音羽とあっくんは、別れて以来互いに連絡を取らず、そのままになっていた。苦虫をかみつぶしたような表情で、冷ややかに主治医の顔をした音羽が患者の脈を取る。今日、やっと退院することに決まった。「……何をしたかは思いっきり想像がついていたけど、病院のベッド数には限りがあるし、不摂生の後始末をこんな風に持ち込まないで欲しいものだね。セクスはまだ禁止...

  •  2
  •  0

夢見るアンドロイドAU 13

「やっと、へそまがりが本心を言ったな。音羽。実はこれを、ひよこから預かっていたんだ。もし、音羽が自分の事を聞いたら、これを渡してほしいと言っていた。」「……なんだ?チケット?」そこに置かれたのは、パリ行きの航空チケットとマルセル・ガシアンのパリで行われるショーの特別席の招待状だった。いつ出そうかと思って居たが、良かった…と、二人は笑う。音羽の本心を聞けなかったら、渡さずにおこうと思って居たと、兄の厚...

  •  4
  •  0