FC2ブログ
FC2ブログ

Category:  金銀童話  1/2

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ)【作品概要】

No image

16~17世紀森の国と、湖の国がありました。湖の国の銀色の髪と、すみれ色の瞳を持った小さな可愛らしい王子は、森の国へ捕虜となりやってきました。約束をたがえた父王の咎を一身に受けた歌の上手な王子の運命は流転し、ついに男性去勢歌手(カストラート)になるのです。哀れな王の金糸(かなりあ)雀は鳥籠に囚われて、悲しく儚く歌うのでした。金糸雀の歌は、大好きな森の国の王さまの元へ届くでしょうか。凍ったお后さまの心...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ) 1

No image

始まりのお話 遠い遠い国に、緑の森と青い湖に囲まれた、白い小さなお城がありました。お城の一室では、金色のお姫さまが、女官に物語をねだっていました。「ねぇ。この絵本を、読んでちょうだい。」女官は「王の金糸雀(カナリア)」と書かれた一冊の薄い童話を取り上げると、豪奢な青い天蓋の付いた寝台に近寄り、ひざまずきました。表紙に描かれた繊細なペン画の一枚絵は、金箔で周囲を押され淡く彩色されています。絵の中の、王...

  •  4
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ) 2

No image

バロックオペラなどに多く見られる女性役、天使役、少年役は、過去にはすべてカストラートと呼ばれる男性の去勢歌手が歌っている。絶大な人気と、超絶技法で、当時教皇さえ動かすほどの、人気を集めたカストラートになるしかなかった王子と、敵国の王の物語。歴史の仇花として大輪の華を咲かせた、カストラートの名を継ぐ者は、今や人道的な見地からもこの地上に存在しない。昔。16世紀~17世紀頃の話。味方からは一騎当千、敵から...

  •  4
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ) 3

No image

バロックオペラなどに多く見られる女性役、天使役、少年役は、過去にはすべてカストラートと呼ばれる男性の去勢歌手が歌っている。絶大な人気と、超絶技法で、当時教皇さえ動かすほどの、人気を集めたカストラートになるしかなかった王子と、敵国の王の物語。歴史の仇花として大輪の華を咲かせた、カストラートの名を継ぐ者は、今や人道的な見地からもこの地上に存在しない。「わたくしたちの、歌を聞いて、涙を零されるような方が...

  •  0
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ) 4

No image

バロックオペラなどに多く見られる女性役、天使役、少年役は、過去にはすべてカストラートと呼ばれる男性の去勢歌手が歌っている。絶大な人気と、超絶技法で、当時教皇さえ動かすほどの、人気を集めたカストラートになるしかなかった王子と、敵国の王の物語。歴史の仇花として大輪の華を咲かせた、カストラートの名を継ぐ者は、今や人道的な見地からもこの地上に存在しない。湖の王は自分の立場と、口にしてしまった暴言に、やっと...

  •  0
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ) 5

No image

バロックオペラなどに多く見られる女性役、天使役、少年役は、過去にはすべてカストラートと呼ばれる男性の去勢歌手が歌っている。絶大な人気と、超絶技法で、当時教皇さえ動かすほどの、人気を集めたカストラートになるしかなかった王子と、敵国の王の物語。歴史の仇花として大輪の華を咲かせた、カストラートの名を継ぐ者は、今や人道的な見地からもこの地上に存在しない。三昼夜駆けて、王の葦毛の馬が緑の森の領地に入ったころ...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ) 6

No image

バロックオペラなどに多く見られる女性役、天使役、少年役は、過去にはすべてカストラートと呼ばれる男性の去勢歌手が歌っている。絶大な人気と、超絶技法で、当時教皇さえ動かすほどの、人気を集めたカストラートになるしかなかった王子と、敵国の王の物語。歴史の仇花として大輪の華を咲かせた、カストラートの名を継ぐ者は、今や人道的な見地からもこの地上に存在しない。このまま何事もなく、ずっと平和が続けば良いと、王さま...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ) 7

No image

バロックオペラなどに多く見られる女性役、天使役、少年役は、過去にはすべてカストラートと呼ばれる男性の去勢歌手が歌っている。絶大な人気と、超絶技法で、当時教皇さえ動かすほどの、人気を集めたカストラートになるしかなかった王子と、敵国の王の物語。歴史の仇花として大輪の華を咲かせた、カストラートの名を継ぐ者は、今や人道的な見地からもこの地上に存在しない。その朝、いつものように王さま夫妻の間で目覚めた金糸雀...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ) 8 【R-18】

No image

バロックオペラなどに多く見られる女性役、天使役、少年役は、過去にはすべてカストラートと呼ばれる男性の去勢歌手が歌っている。絶大な人気と、超絶技法で、当時教皇さえ動かすほどの、人気を集めたカストラートになるしかなかった王子と、敵国の王の物語。歴史の仇花として大輪の華を咲かせた、カストラートの名を継ぐ者は、今や人道的な見地からもこの地上に存在しない。次の日には、すっかり舞台の装置も取り払われて、緞帳も...

  •  4
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ) 9

No image

「王位は、そなたのような者が継ぐべきだったな。だが、もう遅い。」王さまの忠実な司令官は、緩く固めた拳を軽く鳩尾に入れるつもりだったが、アナスタシオ王子の意識は闇に飲み込まれて、もう必要なかった。王子はそのまま、忠実な司令官の大きな黒いマントに包み込まれて、夜陰のうちに人知れずどこかへ運び出されてしまった。その日以来、湖の城から連れて来られた、囚われの金糸雀の姿は見えなくなった。緑の森の国にしばらく...

  •  0
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ) 10

No image

バロックオペラなどに多く見られる女性役、天使役、少年役は、過去にはすべてカストラートと呼ばれる男性の去勢歌手が歌っている。絶大な人気と、超絶技法で、当時教皇さえ動かすほどの、人気を集めたカストラートになるしかなかった王子と、敵国の王の物語。歴史の仇花として大輪の華を咲かせた、カストラートの名を継ぐ者は、今や人道的な見地からもこの地上に存在しない。緑の森のお后さまは、この日から湖の城の国に関わったす...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(かなりあ) 11

No image

注:カストラートになるための手術描写があります。作品としては外せないので、あえて書いてあります。残虐な表現ではありませんが、痛いのは苦手、精神的に無理という方は、どうぞこのまま閉じて二部からお読みください。今回あげました文は、そのまま削っても前後が通じるように直しました。   此花咲耶 バロックオペラなどに多く見られる女性役、天使役、少年役は、過去にはすべてカストラートと呼ばれる男性の去勢歌手が歌...

  •  6
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 1

No image

過去を捨てたミケーレは、音楽学院で裕福なものだけが入れる、寄宿舎の特別な生徒になった。手術を成功させたカストラートは、まだ先の見えない卵の存在でも未来を見越して、音楽学院の中で大切に扱われる。しかもミケーレには、教皇から烈しい執着が有り、直々に特別な生徒として優遇するようにとの、教師たちにも口利きが有った。貧しい家の子等が、切々と赤貧を訴えてやっと入学を許されたのとは違って、ミケーレは入ってすぐに...

  •  0
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 2 

No image

いつか大聖堂や、劇場で歌う自分達の姿を夢に見て、小さな歌う小鳥達は6年から10年も学院で暮らしたのだった。ただ、ミケーレは大人になると姿が変わると思っていたようだったが、実際にはそれほど変化はなかった。確かに身長だけはずいぶん伸びたが、優しげな風情は変わらず、何よりも印象的な菫(すみれ)色の輝きは一度会ったら忘れられないほどの、深い愁いを秘めていた。変わったところと言えば、子供の頃真っ直ぐだった銀糸の...

  •  0
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 3

No image

「あのね・・・今度、ぼくが呼ばれて行く葬儀に一緒に行って歌ってくれないかな・・・?」「嘆きの天使の仕事?・・・もしかすると、カレスティーニ公の?」貴族の葬儀には、数多くの嘆きを演出するため、多くの小天使が必要になる。ミケーレも参加するようにと言われていましたが、毛頭出席する気はなかった。「そうだよ、他にも多くの学院生が行くことになっているんだ。」ミケーレにはカレスティーニ公という名前には、聞き覚え...

  •  0
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 4

No image

ミケーレは学院で色々話を見聞きするうち、貧しい家の子ども達が口減らしで、音楽の素養に関係なく、無理やりカストラートにされる事実も知った。運がよければ、カストラートになれるかもしれないとの理由で、歌の上手な少年たちは場末の不衛生な理髪店で容赦なく手術を強いられたりもしたらしい。トニオの父親もとても貧しく、石灰で覆われたやせた土地で、狭い畑を耕して大家族で暮らしている。「ぼくが成功するのを、みんな楽し...

  •  4
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 5

No image

一夜の遊び相手としては最高の相手でも、結婚相手となると後の世に子孫を残せないため、周囲の理解を求めるのも難しく、カストラートはあくまでも特殊な存在だった。小鳥のように無垢だったミケーレも、成長するにつれやがて少しずつ世間の事を理解するようになってゆく。貴族に呼ばれる宴席での飾らない会話の中に、隠された隠微な「天使」の真実も見えるようになって、本当の「天使」の意味も知るのだった。多くの貴族や高位聖職...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 6

No image

丘陵を駆け抜け、荒れた地を北へと馬車は休むことなく走った。時折、窓から覗く景色の中に恐ろしい姿を見つけて、ミケーレは戦慄した。遠くにいても噂に聞いていたが、実際に槍に突き刺され晒された人の姿が、車窓から流れて行く。街道はどこまでも、死体が放つ腐臭に覆われていた。「あれは、そなたに覚えのある、湖の城の役人達ではないかな?」「馬車の窓から、よくご覧。おまえの知っている顔があるだろうか?」優しげな王さま...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部)  7

No image

ミケーレの心臓は早鐘のように打ち、鼓動が部屋の空気を振動させているような気がしていた。「ねぇ、アレッシオ。あなたも、この子の歌を聞く?」揺り椅子の上に置かれたものに視線を移しお后さまは、こともなげに話しかけていたが、金糸雀は意識をふっと失いそうになった。側にいた王さまの忠実な司令官が、咄嗟に支えてくれなければその場に倒れていただろう。「何かおっしゃい、アレッシオ・・・そう、今日は気分が悪いのね。」...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 8

No image

金糸雀の学んだ、ナポリの音楽学院の授業は、とても厳しいので有名だった。課題の難解さに逃げ出したものは数知れず、両親の過度の期待に押しつぶされたり、自信喪失のあまり高い時計台から地上に向かって身を投げた者もいた。音楽学院では、食事と短い午睡(昼寝)、運動のための散歩の時間、貸し出された葬儀への参列(小天使になって歌うこと)以外は、カストラートになった者の時間はすべて呼吸法の会得に費やされた。華やかな...

  •  6
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 9

No image

その頃、ナポリの音楽学院は、トニオや多くの生徒と共に出かけたはずの、天才カストラート・ミケーレが行方不明になって、大騒ぎになっていた。嫌がったミケーレを連れ出し、行方不明にさせたのは自分だと言って、トニオは酷く自分を責めていた。やがて、類希な才能を持ったカストラートが、何者かに誘拐されたに違いないと思った学院長は、速やかに教皇庁に報告する。教皇のお気に入りは、なんとしても探しだし、学院に取り戻さな...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 10

No image

金糸雀が鳥籠に幽閉されて、もう何ヶ月も経っていた。緑の森では、一見何も変わりはなかった。しかし、実際は残虐な王と王妃の知らぬ所で、異端者として裁かれる日が迫り来ようとしていた。異端審問とは、主の教えと考えを同じくしないものを「異端」と捉え、これを粛清することだった。「悪魔につかれた」と思われた人々を捕らえては民衆法廷で裁いていたのだが、余りに常軌を逸した緑の森のお后さまは、「魔女」ではないかとの噂...

  •  0
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 11【R-15】

No image

お后さまのお気に入りの、自動人形の注文主の名を教えてくれと、銀色のカストラートは熱に潤んだ瞳を向けて身体をねじり、ねだっていた。「そんなことを聞いて、どうするのだ?」息遣いの荒くなった金糸雀の顔を覗いながら、商人の眉が緩くひそめられた。「わたくしの・・・この姿を写した、自動人形があれば・・・あっ・・・」心にもない作り話は、褐色の皮膚の上に甘く滑ってゆく。まるで楽器をつま弾くように、異国の商人は銀色...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 12

No image

躊躇(ためら)う事無く、王さまの忠実な司令官は、腰の刀で大きな錠を破壊すると駆け寄った。「金糸雀――っ!?」銀色の乱れた髪をかき上げると、焦点を結んでいない瞳は見開かれたままで、思わず王さまの忠実な司令官は、頚動脈に指を添わせて脈を取った。金糸雀は、告げられた信じがたい真実に、目を見開いたまま気を失っていた。王さまの忠実な司令官が、急いで気付けの為の強い酒をあおり口移しに流し込むと、激しくむせ返って...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 13

No image

お后さまの傍らに侍る、アレッシオ人形を遠ざけること。唯一、お后さまが元に戻る望みと方法があるとすれば、それだけだった。金糸雀は自分の持てる全てをなげうって、アレッシオ殿下に瓜二つの自動人形と、歌比べをしたいと望みを告げた。時間をかけて懐柔した商人の口添えもあり、その日、機嫌のよかったお后さまもついに納得したのだった。でも、金糸雀はまだ知らなかった。もうすぐ、緑の森の城は、異端審問の嵐が吹き荒れるこ...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(二部) 14

No image

東の国の商人が、大きなぜんまいを差し込もうとしたとき、ぜんまいの入る穴からとろりと、錆で濁った機械油が溢れ出した。そして、がくがくとアレッシオ人形は上顎を鳴らして、数回はずれた音を吐き出すと動かなくなったのだ。「アレッシオ!」お后さまは、半狂乱のようになってオートマタを揺さぶったが、人形はもうすっかりただの廃品となって、長い睫毛も瞬きもせず、ぴくりとも動かなかった。膝の上からずり落ちるとき、頭に被...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(三部) 1

No image

王さまは、お后さまと共に神の側に行くことを、望んでいた。刀の切っ先が背中から胸に抜けるほど、強く力を入れて、お后さまの命を奪ったのは自分だったが、それはどう考えても仕方のないことだった。信頼できる配下が、既に緑の森に迫る異端審問の動きを、逐一報告していた。異端審問の裁判になれば、どこにも申し開きの出来ないほど、緑の国の王と后は殺戮を重ねてきた。緑の国の王は、これまで自分の軍隊が野焼きのように攻撃し...

  •  2
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(三部) 2

No image

音楽学院長の部屋に居たのは、奇しくも面会したいと望んでいた、カトリック教会の最高位の聖職者、教皇の姿だった。学院長は、教皇のお気に入りのミケーレの訪問をとても喜び、部屋に迎えてくれた。「今、おまえを迎えに行こうと思っていたところだ。さあ、お入り。」息を切らしながら、ミケーレは学院長にお願いしたいことが・・・と言いかけて、そこにいる第三者に気が付いた。「・・・申し訳ございません。お客人でございました...

  •  4
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(三部) 3

No image

老人の落胆振りを眺めても顔色も変えず、ミケーレは踵(きびす)を返すと、教皇に別室でお願いを聞いていただきたいのですと、跪(ひざまづ)いた。「敬愛する教皇さま。カストラート・ミケーレの、今後の生涯をかけてのお願いでございます。」行方不明の間に、学生ではなくなったミケーレが懸命に、教皇の庇護を求めていた。遠い外国の舞台で、歌手として契約する決意も反故(ほご)にして、教会の大聖堂付のカストラートとして、...

  •  0
  •  0

金銀童話・王の金糸雀(三部) 4

No image

「悪魔の所業こそが、神をも恐れぬ背徳の異端、神の教えへの冒涜である。」「王子はたった10歳で、恐ろしい異端の犠牲となった!」「その証拠に、捕虜となったアナスタシオ王子の行方は知れぬ!その亡骸さえも慰み者にされたからだ!」異端審問の裁判の場は、怒号のるつぼと化した。人々は興奮し、足を踏み鳴らして騒ぎたて、悲鳴を上げた。壇上の王さまに向かって、その場にあったありとあらゆる物が投げつけられた。 王さまの...

  •  4
  •  0