FC2ブログ
FC2ブログ

Index

295: はじめに

「里の野山に此花咲くや」にお越しいただき

  •  12
  •  0

2189: 全作品目次

ジャンル別時代物◆終の花◆ 会津藩士×会津

  •  0
  •  0

2392: 明けない夜の向こう側 第二章 1

戦後、上野で出会った御堂櫂、吉永陸の二人

  •  0
  •  0

2391: 明けない夜の向こう側 14

翌日、施設長が陸の出所を告げた。家族と一

  •  0
  •  0

2390: 明けない夜の向こう側 13

櫂も珍しく饒舌に話をした。「先生は坊主の

  •  0
  •  0

2389: 明けない夜の向こう側 12

零れ落ちる話から推測すると、陸の父親は大

  •  0
  •  0

2388: 明けない夜の向こう側 11

父親が現れたというのに、陸は余り嬉しそう

  •  0
  •  0

2387: 明けない夜の向こう側 10

櫂は陸の父親に向かって、頭を下げた。「陸

  •  0
  •  0

2386: 明けない夜の向こう側 9

泣きたくなるような幸せな夢を見た後は、苦

  •  0
  •  0

2385: 明けない夜の向こう側 8

翌日、県知事の前に立った櫂の挨拶は完ぺき

  •  0
  •  0

2384: 明けない夜の向こう側 7

施設の子たちの学力は、めきめきと上がった

  •  0
  •  0

2383: 明けない夜の向こう側 6

出かけていた施設長が、ある日、帰宅すると

  •  0
  •  0

2382: 明けない夜の向こう側 5

櫂たちは、自分たちで飯を作り掃除をし、近

  •  0
  •  0

2381: 明けない夜の向こう側 4

上野に立ち戻った櫂と陸は、隠し持った食料

  •  0
  •  0

2380: ま……間違えました~(´;ω;`)ウゥゥ

火曜日の九時に上がるはずが、月曜日の九時

  •  0
  •  0

2379: 明けない夜の向こう側 3

折角、親が迎えに来ても劣悪な環境で、すで

  •  0
  •  0

2378: 明けない夜の向こう側 2

櫂の背嚢(はいのう・背負う鞄)の中には、

  •  0
  •  0

2377: 明けない夜の向こう側 1

上野にある地下道で、高い少年の声が響いた

  •  0
  •  0

2376: 16日から連載開始いたします(`・ω・´)

タイトルは「明けない夜の向こう側」です。

  •  0
  •  0

2375: 広告が……(´・ω・`)

余りに見苦しい広告が、ブログに全面出てお

  •  2
  •  0

2374: アンドロイドSⅤは挑発する 18【最終話】とあとがき

「そうだったのか……。これまでこういう事が

  •  0
  •  0

2373: アンドロイドSⅤは挑発する 17

「いや!ショーくん!」「あっくん。落ち着

  •  0
  •  0

2372: アンドロイドSⅤは挑発する 16

数時間後。共に荷物を受け取りに来た研究員

  •  0
  •  0

2371: アンドロイドSⅤは挑発する 15

音矢の話は、二人には思いがけないものだっ

  •  0
  •  0

2370: アンドロイドSⅤは挑発する 14

仕事を終わらせたあっくんが、やっと帰宅し

  •  0
  •  0

2369: アンドロイドSⅤは挑発する 13

心がざわつくのは、きっと自分の良心がとが

  •  0
  •  0

2368: アンドロイドSⅤは挑発する 12

残念ながら音羽は、相変わらずあっくんの一

  •  0
  •  0

2367: アンドロイドSⅤは挑発する 11

気配に気づいた音羽が、薄く目を開けた時、

  •  0
  •  0

2366: アンドロイドSⅤは挑発する 10

「ご主人様なんて、呼ばないで。たまたま運

  •  0
  •  0

2365: アンドロイドSⅤは挑発する 9

風呂上がりのあっくんは、素肌に白いバスロ

  •  0
  •  0

2364: アンドロイドSⅤは挑発する 8

そしてどこか誇らしげに、胸を張って答えた

  •  0
  •  0

2363: アンドロイドSⅤは挑発する 7

清潔なテーブルクロスの中央にはライナーが

  •  0
  •  0

2362: アンドロイドSⅤは挑発する 6

アンドロイドの傍に寄ったあっくんは、まじ

  •  0
  •  0

2361: アンドロイドSⅤは挑発する 5

メイクを落としたあっくんの大きな荷物を、

  •  0
  •  0

2360: アンドロイドSⅤは挑発する 4

翌日から、アンドロイドは家事を引き受け、

  •  0
  •  0

2359: アンドロイドSⅤは挑発する 3

視線が外されないので、あっくんは困ってし

  •  0
  •  0

2358: アンドロイドSⅤは挑発する 2

やがて、あっくんは、健気にもきりりと涙を

  •  0
  •  0

2357: アンドロイドSⅤは挑発する 1

世界中の耳目を集める、超絶美形のユニセク

  •  0
  •  0

2356: アンドロイドSⅤは挑発する 【作品概要】

「最愛アンドロイド」シリーズの続編です。

  •  0
  •  0

2355: お久しぶり~ふでっす(`・ω・´)

ご無沙汰しております。何とか自サイトから

  •  0
  •  0

2354: 真夜中に降る雪 番外編 初めての春

春美が自宅から離れた中高一貫校の試験を受

  •  0
  •  0

2353: 真夜中に降る雪 15 【最終話】

春が聡一に別れを告げ、自宅に帰ってきたの

  •  2
  •  0

2352: 真夜中に降る雪 14

どのくらいの時間が経ったのだろう。薄く目

  •  0
  •  0

2351: 真夜中に降る雪 13

聡一は愕然としていた。高校を卒業し、大学

  •  0
  •  0

2350: 真夜中に降る雪 12

ここで泣くわけには行かないと思ったが、春

  •  0
  •  0

2349: 真夜中に降る雪 11

高級とは言えない場所へ春美を連れて来たの

  •  0
  •  0

2348: 真夜中に降る雪 10

「里中――っ!」目が合うなり、飛び掛らんば

  •  0
  •  0

2347: 真夜中に降る雪 9

『里中?無事なのか?足は大丈夫なのか?今

  •  0
  •  0

2346: 真夜中に降る雪 8

おぶった背中の春美に向かって、前を向いた

  •  0
  •  0

2345: 真夜中に降る雪 7

じっと見つめるのは、春美の好きな白球を追

  •  0
  •  0

2344: 真夜中に降る雪 6

面会謝絶が解けると同時に、同僚は次々見舞

  •  0
  •  0

2343: 真夜中に降る雪 5

白い天井が、眩しい……消毒薬のにおいが鼻を

  •  0
  •  0

2342: 真夜中に降る雪 4

会社にはいくつも部門がある。春美はクーポ

  •  0
  •  0

2341: 真夜中に降る雪 3

思わず身体がぐらりと揺れた春美の見開いた

  •  0
  •  0

2340: 真夜中に降る雪 2

一方、春美も遠い過去、聡一先輩と誰にも秘

  •  0
  •  0

2339: 真夜中に降る雪 1

企業は、いまだに長引く不景気から脱しきれ

  •  0
  •  0

2338: 流れる星に愛をこめて 【おまけ】

手の甲に筋が浮くほどシーツを握りしめて、

  •  0
  •  0

2337: 流れる星に愛をこめて 3 【完結】

医務室の優しいカウンセラーが、どうかしま

  •  0
  •  0

2336: 流れる星に愛をこめて 2

「お星さまのばか~……うわわぁあああ~~~

  •  0
  •  0

2335: 流れる星に愛をこめて 1

あまりにぼくらが仲良しだから、神さまがい

  •  0
  •  0

2334: 隼と周二 番外編 SとⅯのほぐれぬ螺旋 11【完結】

愛しい男の骨ばった手が、蒼太の頬をいとお

  •  0
  •  0

2333: 隼と周二 番外編 SとⅯのほぐれぬ螺旋 10

目を覆われると、情報を遮断されたように感

  •  0
  •  0

2332: 隼と周二 番外編 SとⅯのほぐれぬ螺旋 9

それから数日後。まだ頬にやつれの残る蒼太

  •  0
  •  0

2331: 隼と周二 番外編 SとⅯのほぐれぬ螺旋 8

幼い頃から頭の良かった蒼太は学年に関係な

  •  0
  •  0

2330: 隼と周二 番外編 SとⅯのほぐれぬ螺旋 7

医師は、蒼太の病状を極めて冷静に告げた。

  •  0
  •  0

2329: 隼と周二 番外編 SとⅯのほぐれぬ螺旋 6

翌日の夕方5時半、いつものようにやって来

  •  0
  •  0

2328: 隼と周二 番外編 SとⅯのほぐれぬ螺旋 5

いい子だなと、言ってしまってから、その言

  •  0
  •  0

2327: 隼と周二 番外編 SとⅯのほぐれぬ螺旋 4

「何を馬鹿なこと言ってるんだ」軽い気持ち

  •  0
  •  0

2326: 隼と周二 番外編 SとⅯのほぐれぬ螺旋 3

蒼太が、木本のほうを振り返ることはなかっ

  •  0
  •  0

2325: 隼と周二 番外編 SとⅯのほぐれぬ螺旋 2

カタ……と、蒼太の眼前に黒い皮のケースを置

  •  0
  •  0

2324: 隼と周二 番外編 SとⅯのほぐれぬ螺旋 1

昼下がりの明るいファミリーレストランで、

  •  0
  •  0

2323: 隼と周二 番外編 青になれ!3【最終話】

薄闇の中、必死に逃れようとあがいた。「う

  •  0
  •  0

2322: 隼と周二 番外編 青になれ!2

校庭練習を早めに切り上げ、いつものように

  •  0
  •  0

2321: 隼と周二 番外編 青になれ!1

浜辺で走るのが一番いいんだと、陸上部顧問

  •  0
  •  0

2320: 隼と周二 学園の狂騒 10 【最終話】

機嫌よく二人がいちゃついていた最高潮のと

  •  0
  •  0

2319: 隼と周二 学園の狂騒 9

堪忍袋の尾が切れた周二は、ついに学校では

  •  0
  •  0

2318: 隼と周二 学園の狂騒 8

隼の目の前の硝子テーブルの上に、女性用の

  •  0
  •  0

2317: 隼と周二 学園の狂騒 7

そういえば生徒会長の書いた人魚姫でも、銀

  •  0
  •  0

2316: 隼と周二 学園の狂騒 6

隼が野生の巨象に襲われそうになっている、

  •  0
  •  0

2315: 隼と周二 学園の狂騒 5

松本が列に並び、間近で人形のような隼の姿

  •  0
  •  0

2313: 近況報告

再掲するにあたって、作品を読み返していま

  •  0
  •  0

2312: 隼と周二 学園の狂騒 4

結局、ドッキリの映像と隼の妖しい朗読劇の

  •  0
  •  0

2311: 隼と周二 学園の狂騒 3

従者は、そっと口を寄せると胸の尖りにも歯

  •  0
  •  0

2310: 隼と周二 学園の狂騒 2

「ぼく、本気で怒りますよ?」くすと笑った

  •  0
  •  0

2309: 隼と周二 学園の狂騒 1

周二が、すこぶる不機嫌なのには理由があっ

  •  0
  •  0

2308: 隼と周二 緊縛キューピー

周二は部屋に入ろうとして、固まっていた。

  •  0
  •  0

2307: 隼と周二 天使の折り鶴 後編

見舞いに訪れた周二が、ふと何気なく言った

  •  0
  •  0

2306: 隼と周二 天使の折り鶴 前編

ベッドに丸くなって、小さな隼は泣いていた

  •  0
  •  0

2305: 隼と周二 恋人たちの長い夜 6(最終話)

まんまと、木本と沢木の策にはまり、周二は

  •  0
  •  0

2304: 隼と周二 恋人たちの一番長い夜 5

周二は傍らの椅子に、崩れるように座り込ん

  •  0
  •  0

2303: 隼と周二 恋人たちの一番長い夜 4

強い西日は、遮光カーテンで薄日になってい

  •  0
  •  0

2302: 隼と周二 恋人たちの一番長い夜 3

救急車が来ても、周二は同乗しなかった。「

  •  0
  •  0

2301: 隼と周二 恋人たちの一番長い夜 2

周二は一瞬隼に取りすがるようにし、そして

  •  0
  •  0

2300: 隼と周二 恋人たちの一番長い夜 1

松本は木本に頼まれ、木庭組管轄の店に変わ

  •  0
  •  0

2299: 隼と周二 近づく嵐2

そんな昼間の顔を脱ぎ捨てた放課後、樋渡蒼

  •  0
  •  0

2298: 隼と周二 近づく嵐1

木本は警察署にいる沢木の元を訪れ、頭を下

  •  0
  •  0

2297: 隼と周二 銀色ペンダント

ついこの間、生徒会長に襲われそうになった

  •  0
  •  0

2296: 隼と周二 悩める少年S 2

夕陽の射す隣の部屋で、周二は守役の木本に

  •  0
  •  0

2295: 隼と周二 悩める少年S 1

楽しそうにお友達とたむろしている、学校で

  •  0
  •  0

2294: 隼と周二 お仕置きの夜と朝の間に 2

夕陽の射す部屋で、周二は松本と散々けちを

  •  0
  •  0

2293: 隼と周二 お仕置きの夜と朝の間に 1

隼のパパ沢木から「お仕置き依頼」の電話を

  •  0
  •  0

2292: 隼と周二 大人の階段上ります 5

長いキスの後、周二くんはちらと時計を見た

  •  0
  •  0

2291: 隼と周二 大人の階段上ります 4

夕陽の射す熱い部屋。心の底から、内に沈め

  •  0
  •  0

2290: 隼と周二 大人の階段上ります 3

非力なぼくは、力の限り抗っても、あっさり

  •  0
  •  0

2289: 隼と周二 大人の階段上ります 2

ぱたぱたと、生徒会長の後を追った。ぼくは

  •  0
  •  0

2288: 隼と周二 大人の階段上ります 1

いつも朝、下駄箱のところで周二くんと視線

  •  0
  •  0

2287: 隼と周二 任務遂行

ぜってぇ、おかしい。周二はぎりぎりと、い

  •  0
  •  0

2286: 隼と周二 愛犬志願 4

周二は、ふるふると肩を震わせて泣く、愛お

  •  0
  •  0

2285: 隼と周二 愛犬志願 3

パパ沢木の冷酷な声が響く。「ずいぶん、楽

  •  0
  •  0

2284: 隼と周二 愛犬志願 2

トイレから戻ってきた周二くんは、大きな箱

  •  0
  •  0

2283: 隼と周二 愛犬志願 1

周二くんのおうちの、とらさんのカーペット

  •  0
  •  0

2282: 隼と周二 (続)狂った夏 4

隼の病室の外、ぼんやりと佇んで、俺は入室

  •  0
  •  0

2280: 隼と周二 (続)狂った夏 3

ポケットに入れていたのが落ちたのだろう、

  •  0
  •  0

2281: 復活……?

再掲途中で、インフルエンザにかかってしま

  •  0
  •  0

2279: 隼と周二 (続)狂った夏 2

守役の木本に連絡して泣きを入れた。「周二

  •  0
  •  0

2278: 隼と周二 (続)狂った夏 1

毎朝、靴箱の前で隼(しゅん)と視線を交わ

  •  0
  •  0

2277: 隼と周二 狂った夏 4

沢木と言う暴力団担当の刑事には、さすがの

  •  0
  •  0

2276: 隼と周二 狂った夏 3

授業が終わり外に出ると、校門の側にそこだ

  •  0
  •  0

2275: 隼と周二 狂った夏 2

明日もう一度そこにくる約束をして、二人は

  •  0
  •  0

2274: 隼と周二 狂った夏 1

熱を持った床で、ぼんやりとした意識が戻っ

  •  0
  •  0

2273: いつもありがとうございます

再掲にもかかわらず、お読みいただきありが

  •  0
  •  0

2272: 世良兄弟仇討譚 長月の夢喰い(獏)・9 最終話

獏(ばく):体は熊、鼻は象、目は犀、尾は

  •  0
  •  0

2271: 世良兄弟仇討譚 長月の夢喰い(獏)・8

獏(ばく):体は熊、鼻は象、目は犀、尾は

  •  0
  •  0

2270: 世良兄弟仇討譚 長月の夢喰い(獏)・7

獏(ばく):体は熊、鼻は象、目は犀、尾は

  •  0
  •  0

2269: 世良兄弟仇討譚 長月の夢喰い(獏)・6

獏(ばく):体は熊、鼻は象、目は犀、尾は

  •  0
  •  0

2268: 世良兄弟仇討譚 長月の夢喰い(獏)・5

獏(ばく):体は熊、鼻は象、目は犀、尾は

  •  0
  •  0

2267: 世良兄弟仇討譚 長月の夢喰い(獏)・4

獏(ばく):体は熊、鼻は象、目は犀、尾は

  •  0
  •  0

2266: 世良兄弟仇討譚 長月の夢喰い(獏)・3

獏(ばく):体は熊、鼻は象、目は犀、尾は

  •  0
  •  0

2265: 世良兄弟仇討譚 長月の夢喰い(獏)・2

獏(ばく):体は熊、鼻は象、目は犀、尾は

  •  0
  •  0

2264: 世良兄弟仇討譚 長月の夢喰い(獏)・1

獏(ばく):体は熊、鼻は象、目は犀、尾は

  •  0
  •  0

2263: 世良兄弟仇討譚 月影の鵺 6

鵺(ぬえ):暗い森の中にすみ、夜、ヒーヒ

  •  0
  •  0

2262: 世良兄弟仇討譚 月影の鵺 5

鵺(ぬえ):暗い森の中にすみ、夜、ヒーヒ

  •  0
  •  0

2261: 世良兄弟仇討譚 月影の鵺 4

鵺(ぬえ):暗い森の中にすみ、夜、ヒーヒ

  •  0
  •  0

2260: 世良兄弟仇討譚 月影の鵺 3

鵺(ぬえ):暗い森の中にすみ、夜、ヒーヒ

  •  0
  •  0

2259: 世良兄弟仇討譚 月影の鵺 2

鵺(ぬえ):暗い森の中にすみ、夜、ヒーヒ

  •  0
  •  0

2258: 世良兄弟仇討譚 月影の鵺 1

鵺(ぬえ):暗い森の中にすみ、夜、ヒーヒ

  •  0
  •  0

2257: 世良兄弟仇討譚 豺虎の秋月・4

豺虎 (さいこ・あらあらしく強い悪人をた

  •  0
  •  0

2256: 世良兄弟仇討譚 豺虎の秋月・3

豺虎 (さいこ・あらあらしく強い悪人をた

  •  0
  •  0

2255: 世良兄弟仇討譚 豺虎の秋月・2

豺虎 (さいこ・あらあらしく強い悪人をた

  •  0
  •  0

2254: 世良兄弟仇討譚 豺虎の秋月・1

豺虎 (さいこ・あらあらしく強い悪人をた

  •  0
  •  0

2253: 今後の再掲予定

やっと、「杏樹と蘇芳」(平安)の再掲が終

  •  3
  •  0

2252: 杏樹と蘇芳(平安) 19 【最終話】

平安のころの話である。都から遠く離れた、

  •  0
  •  0

2251: 杏樹と蘇芳(平安) 18

平安のころの話である。膝をついたままにじ

  •  0
  •  0

2250: 杏樹と蘇芳(平安) 17

平安のころの話である。館の主、山椒大夫は

  •  0
  •  0

2249: 杏樹と蘇芳(平安) 16

平安のころの話である。杏樹が知らずに求め

  •  0
  •  0

2248: 杏樹と蘇芳(平安) 15 【R-18】

平安のころの話である。杏樹は容赦なく奴婢

  •  0
  •  0

2247: 杏樹と蘇芳(平安) 14

平安のころの話である。蘇芳がいなくなった

  •  0
  •  0

2246: 杏樹と蘇芳(平安) 13

平安のころの話である。月明りの下、杏樹は

  •  0
  •  0

2244: 杏樹と蘇芳(平安) 12

平安のころの話である。上弦の月の凍える夜

  •  0
  •  0

2243: 杏樹と蘇芳(平安) 11

平安のころの話である。「塩の仲買人が都か

  •  0
  •  0

2242: 杏樹と蘇芳(平安) 10

平安のころの話である。山椒大夫は傷痕の残

  •  0
  •  0

2241: 杏樹と蘇芳(平安) 9

平安のころの話である。杏樹の細首を押さえ

  •  0
  •  0

2240: 杏樹と蘇芳(平安) 8

平安のころの話である。蘇芳を送った後も、

  •  0
  •  0

2239: 杏樹と蘇芳(平安) 7

平安のころの話である。次郎は雄芯から溢れ

  •  0
  •  0

2238: 杏樹と蘇芳(平安) 6

平安のころの話である。兄の消えた部屋の外

  •  0
  •  0

2237: 杏樹と蘇芳(平安) 5

平安のころの話である。その夜、約束通り寝

  •  0
  •  0

2236: 杏樹と蘇芳(平安) 4

平安のころの話である。「ならば、麗しい兄

  •  0
  •  0

2234: 杏樹と蘇芳(平安) 3

平安のころの話である。三人の旅の理由を聞

  •  0
  •  0

2235: 年始のご挨拶

いつもお読みいただき、ありがとうございま

  •  0
  •  0

2232: 杏樹と蘇芳(平安) 2

平安のころの話である。杏樹と蘇芳の父は、

  •  0
  •  0

2231: 杏樹と蘇芳(平安) 1

平安のころの話である。広間に引き据えられ

  •  0
  •  0

2228: 雪うさぎ  【命 一葉(いのち ひとは)】番外編

会津地方(今の福島県)の里は雪が深く、そ

  •  0
  •  0

2226: 命 一葉 (いのち ひとは) 3

一陣の風が起こした葉擦れの音に、思わず窓

  •  0
  •  0

2225: 命 一葉 (いのち ひとは) 2

嶋原屋に病の一衛を預けた直正は、やがて主

  •  0
  •  0

2224: 命 一葉 (いのち ひとは) 1 

激しい動乱の時代を超え、江戸が東京と名を

  •  0
  •  0

2227: 淡々と……

過去作品を再掲しています。自分の作品なの

  •  0
  •  0

2223: それは野分のように……後編

『かわいい。小さなサムライ』中尉が思わず

  •  0
  •  0

2222: それは野分のように……前編

人でごった返す上野駅で、少年と警官が揉み

  •  0
  •  0

2221: 遠山の銀(しろがね)と銅(あかがね) 「冬が来る前に」

神様のお使い狐の銀(しろがね)が妖力を失

  •  2
  •  0

2220: 遠山の銀(しろがね)と銅(あかがね) 3

ぐったりと、まだほんのり温みのある山猫の

  •  0
  •  0

2219: 遠山の銀(しろがね)と銅(あかがね) 2

山神さまのお使いで、「銀」は、九尾稲荷の

  •  0
  •  0

2218: 遠山の銀(しろがね)と銅(あかがね) 1

深い深い、紅葉の山に一匹のお使い狐が住ん

  •  0
  •  0

2217: 実るほど、頭が下がる稲穂かな 3

軽トラの荷台で、幸せな恋人同士、穂と望は

  •  0
  •  0

2216: 実るほど、頭が下がる稲穂かな 2

遥(はるか)は、本当に次の日、九州行きの

  •  0
  •  0

2215: 実るほど、愛の花咲く稲穂かな 1

遠距離恋愛なんて、絶対上手くゆくはずが無

  •  0
  •  0

2213: 秋色トレイン 4

突然……みんな、みんな、わかってしまった。

  •  0
  •  0

2212: 秋色トレイン 3

  •  0
  •  0

2211: 秋色トレイン 2

二週間前、おじ夫婦は子供達を残し、入った

  •  0
  •  0

2210: 秋色トレイン 1

おとうさんが亡くなって、おかあさんはぼく

  •  0
  •  0

2208: 遅々として……

大張り切りで始めたのはいいのですが、過去

  •  0
  •  0

2207: セピア色の手帳 2

差し出された手帳にびっしりと書かれたのは

  •  0
  •  0

2206: セピア色の手帳 1

「お盆には、海に行くんじゃないよ。海で死

  •  0
  •  0

2205: 白い開襟シャツの少年 2

終戦の夏。玉音放送が、戦争と初恋の終わり

  •  0
  •  0

2204: 白い開襟シャツの少年 1

丘の上の別荘に、友人を訪ねた。「明日には

  •  0
  •  0

2214: パンドラの夏 3

ションベン小僧に、大事な思い人を横合いか

  •  0
  •  0

2203: パンドラの夏 2

恋焦がれていたしなやかな獣が、手負いにな

  •  0
  •  0

2201: パンドラの夏 1

サッカーのクラブチームで活躍していた、従

  •  0
  •  0

2200: 恋蛍

湖上颯(こじょうはやて)の建築事務所に、

  •  0
  •  0

2199: 隼と周二 ホワイトデーは「shifuto」へ行こう 4

一方、雑貨屋の秘密の隱し部屋、大人の玩具

  •  0
  •  0

2198: 隼と周二 ホワイトデーは「shifuto」へ行こう 3

「shifuto」から帰宅し、周二の部屋で透明

  •  0
  •  0

2197: 隼と周二 ホワイトデーは「shifuto」へ行こう 2

雑貨屋「shifuto」は、開店以来、連日盛況

  •  0
  •  0

2196: 隼と周二 ホワイトデーは「shifuto」へ行こう 1

沢木 隼(さわき しゅん)人と関わること

  •  0
  •  0

2195: 十二支 猫とねずみのお話

昔々。地上の動物たちをお創りになった神様

  •  0
  •  0

2194: 隼と周二 聖なる二人の星月夜 後編

バンッ!!外れる勢いで、威勢よくドアが開

  •  0
  •  0

2193: 隼と周二 聖なる二人の星月夜 中編

俺は、隼に睡眠導入剤を飲ませた。「ちょっ

  •  0
  •  0

2192: 隼と周二 聖なる二人の星月夜 前編

やっと暖まってきた部屋、ぼくは固く縛めら

  •  0
  •  0

2191: まずは、作業開始です

かなり前の事です。有志の方が作った場所で

  •  1
  •  0

2187: 今後と、感謝と

長らくお読みいただき、ありがとうございま

  •  8
  •  0

2186: 波濤を越えて 第二章 28 【最終話】

フリッツが心配するほど、島での正樹は精力

  •  0
  •  0

2185: 波濤を越えて 第二章 27

フェリーの舳先に立って、フリッツと正樹は

  •  0
  •  0

2184: 波濤を越えて 第二章 26

上気した頬で恥ずかしげに言い切った正樹を

  •  0
  •  0

2183: 波濤を越えて 第二章 25

たち上がるとフリッツはゆうに190センチは

  •  0
  •  0

2182: 波濤を越えて 第二章 24

「嬉しい……」正樹の頬を、ぽろぽろと透明な

  •  0
  •  0

2181: 波濤を越えて 第二章 23

正樹は意を決して、打ち明けた。それは田神

  •  0
  •  0

2180: 波濤を越えて 第二章 22

コンビニで買って来た飲み物を並べて車座に

  •  0
  •  0

2179: 波濤を越えて 第二章 21

逢いたくて、逢いたくて、たまらなかった。

  •  4
  •  0

2178: 波濤を越えて 第二章 20

日曜日。田神は正樹の部屋を片付けて、自分

  •  0
  •  0

2177: 波濤を越えて 第二章 19

正樹は小さくため息をつき、田神に困ったよ

  •  0
  •  0

2176: 波濤を越えて 第二章 18

もう何年も会っていなかった父は、白髪が増

  •  0
  •  0

2175: 波濤を越えて 第二章 17

もしも自分が正樹の立場だったら、足元の地

  •  0
  •  0

2174: 波濤を越えて 第二章 16

仕事帰りに、毎日友人の田神が顔を出してく

  •  0
  •  0

2173: 波濤を越えて 第二章 15

楽しい時間の後ほど、独りになると寂しさは

  •  0
  •  0

2172: 波濤を越えて 第二章 14

月が変わって、正樹は白い病室の住人になっ

  •  0
  •  0

2171: 波濤を越えて 第二章 13

正樹はその足で終業時間間近の勤務先に向か

  •  0
  •  0

2170: 波濤を越えて 第二章 12

表門を出たところで、名前を呼ばれ振り返っ

  •  0
  •  0

2169: 波濤を越えて 第二章 11

自分に絵があるように、直にも好きなものを

  •  0
  •  0

2168: 波濤を越えて 第二章 10

勝手口の外側で、従弟の直が膝を抱えて座り

  •  0
  •  0

2167: 波濤を越えて 第二章 9

白いなまこ壁に囲まれた相良家本家では、最

  •  0
  •  0

2166: 波濤を越えて 第二章 8

どう返事をすればいいだろう。視線をさまよ

  •  0
  •  0

2165: 波濤を越えて 第二章 7

母の淹れた緑茶は、優しく胃に染みてゆく。

  •  0
  •  0

2164: 波濤を越えて 第二章 6

久しぶりに会った親子は、ぎこちなく言葉を

  •  0
  •  0

2163: 波濤を越えて 第二章 5

翌日は仕事が休みだったので、正樹はしばら

  •  0
  •  0

2162: 波濤を越えて 第二章 4

自分から話をしてくれと言ったのに、医師の

  •  0
  •  0

2161: 波濤を越えて 第二章 3

やがて看護師が「相良さ~ん」とカルテを手

  •  0
  •  0

2160: 波濤を越えて 第二章 2

消化にいいものを食べるようにと、昔から主

  •  0
  •  0

2159: 波濤を越えて 第二章 1

穏やかな日々が流れていた。フリッツの瞳と

  •  0
  •  0

2158: 波濤を越えて 44

出逢った時と同じ服装で、大きなデイバッグ

  •  0
  •  0

2157: 波濤を越えて 43

優しく包まれて、正樹も力を抜いてゆったり

  •  0
  •  0

2156: 波濤を越えて 42

買い物をしていないので、牛乳とシリアルが

  •  0
  •  0

2155: 波濤を越えて 41

BL的性愛表現があります白々と夜が明けよ

  •  0
  •  0

2154: 波濤を越えて 40

身体の上にいる正樹を、ゆっくりと強く抱き

  •  0
  •  0

2153: 波濤を越えて 39

田神はぼんやりと、自分はここで消えるべき

  •  0
  •  0

2152: 波濤を越えて 38

初めて会った時から、正樹は何も欲しがらな

  •  0
  •  0

2151: 波濤を越えて 37

「フリッツ、ちょっといいですか」「……田神

  •  0
  •  0

2150: 波濤を越えて 36

「いつ……」帰るの?と、言いかけて正樹が口

  •  0
  •  0

2149: 本日お休みします

記事はできているのですが、ワードの不具合

  •  0
  •  0

2148: 波濤を越えて 35

互いに幸せな日々が続くと思っていたある日

  •  0
  •  0

2147: 波濤を越えて 34

BL的性愛表現がありますフリッツは経験の少

  •  0
  •  0

2146: 波濤を越えて 33

BL的性愛表現があります逃げるように正樹が

  •  0
  •  0

2145: 波濤を越えて 32

困ると正樹は何も言わなくなってしまう。も

  •  0
  •  0

2144: 波濤を越えて 31

自分は正樹の幼馴染で一番の親友ですと、田

  •  0
  •  0

2143: 波濤を越えて 30

食事の途中で帰った先日のことを、田神は持

  •  0
  •  0

2142: 波濤を越えて 29

夕刻、いつもの居酒屋に呼び出された田神は

  •  0
  •  0

2141: 波濤を越えて 28

美術館の中は、相変わらず閑散としていた。

  •  0
  •  0

2140: 波濤を越えて 27

カーテンの隙間から、細く日が差して来て、

  •  0
  •  0

2139: 波濤を越えて 26

悪戯なフリッツが、怖気づいたのに気が付い

  •  0
  •  0

2138: 波濤を越えて 25

初めて好ましいと思った男に、気持ちが通じ

  •  0
  •  0

2137: 波濤を越えて 24

備え付けの風呂を見せると、想像通りフリッ

  •  0
  •  0

2136: 波濤を越えて 23

居場所を失った日を思い出すだけで、胸が痛

  •  0
  •  0

2135: 波濤を越えて 22

母親は、正樹の膝に縋りつき、謝りなさいと

  •  0
  •  0

2134: 波濤を越えて 21

それは正樹が高校時代から、折に触れ手を入

  •  0
  •  0

2133: 波濤を越えて 20

見ず知らずの外国人を、どうして家に上げよ

  •  0
  •  0

2132: 波濤を越えて 19

必死に言葉を重ねてきた。「わたしは褒めた

  •  0
  •  0

2131: 波濤を越えて 18

柳瀨を見送った正樹は、見えなくなった男を

  •  0
  •  0

2130: 波濤を越えて 17

昼間の熱を吸った、むっとする草いきれが、

  •  0
  •  0

2129: 波濤を越えて 16

過去を知るものでも、おそらく誰か気づかな

  •  0
  •  0

2128: 波濤を越えて 15

それから半年後、宣言通り正樹に寄り付かな

  •  0
  •  0

2127: 波濤を越えて 14

初心な正樹は、同じキスでも相手によっては

  •  0
  •  0

2126: 波濤を越えて 13

とうとう正樹は白状した。ぽつりぽつりと言

  •  0
  •  0

2125: 波濤を越えて 12

もう聞く必要はなかったが、あえて田神は口

  •  0
  •  0

2124: 波濤を越えて 11

正樹は、それからしばらく学校へ来なかった

  •  0
  •  0

2123: 波濤を越えて 10

柳瀨は意地悪く言葉を重ねた。「この間、君

  •  0
  •  0

2122: 波濤を越えて 9

柳瀨の行為自体は稚拙なもので、正樹の身体

  •  0
  •  0

2121: 波濤を越えて 8

今にして思えば、些細な事だった。美術室で

  •  0
  •  0

2120: 波濤を越えて 7

田神が野球部の練習を終え、正樹を迎えに美

  •  0
  •  0

2119: 波濤を越えて 6

「何を言ってるの……できない……そんなこと」

  •  0
  •  0

2118: 波濤を越えて 5

そこにいたのは、腕組みをした上級生だった

  •  0
  •  0

2117: 波濤を越えて 4

正樹は高校生になっていた。仲の良かった友

  •  0
  •  0

2116: 波濤を越えて 3

正樹が同性にしか興味を持てないと自覚した

  •  0
  •  0

2115: 波濤を越えて 2

仕事場を出た頃、見計らったように電話が鳴

  •  0
  •  0

2114: 波濤を越えて 1

殆ど訪れる者のない午後の美術館だった。退

  •  0
  •  0

2113: 新しいお話「波濤を越えて」始めます

新しいお話は「波濤(はとう)を越えて」と

  •  2
  •  0

2112: Caféアヴェク・トワ 君と共に24 【最終話】

終電車に揺られながら、松本はいつかと同じ

  •  2
  •  0

2111: Caféアヴェク・トワ 君と共に23

「正樹が亡くなってから、貞夫さんも時々あ

  •  0
  •  0

2106: Caféアヴェク・トワ 君と共に22

母親の居ない直を、きっと従兄と共に支えて

  •  0
  •  0

2109: Caféアヴェク・トワ 君と共に21

「店長……匡さんに、まあちゃんの事を紹介し

  •  0
  •  0

2105: Caféアヴェク・トワ 君と共に20

照れ笑いを浮かべた松本は、直の双眸に盛り

  •  0
  •  0

2104: Caféアヴェク・トワ 君と共に19

それに運が良かったと、松本は笑う。「俺と

  •  0
  •  0

2103: Caféアヴェク・トワ 君と共に18

翌日、二人は直の故郷に向かった。「ほら。

  •  0
  •  0

2102: Caféアヴェク・トワ 君と共に17

この人を失いたくないと、本気で思う。直は

  •  0
  •  0

2100: Caféアヴェク・トワ 君と共に16

とくんと心臓の音が跳ねる。「病院の帰り道

  •  0
  •  0

2099: Caféアヴェク・トワ 君と共に15

「解いてください、店長……」「そんなに嫌か

  •  0
  •  0

2098: Caféアヴェク・トワ 君と共に14

最初に足を運んだのは、駅前の有名店だった

  •  0
  •  0

2097: Caféアヴェク・トワ 君と共に13

今朝とは別人のような態度の松本の背中を、

  •  0
  •  0

2096: Caféアヴェク・トワ 君と共に12

松本は慌てて顔を覗き込んだ。「泣いている

  •  0
  •  0

2095: Caféアヴェク・トワ 君と共に11

上から伸縮性の包帯を巻いてもらって、処置

  •  0
  •  0

2094: Caféアヴェク・トワ 君と共に10

血相を変えた松本は、転がり込むように目当

  •  0
  •  0

2093: Caféアヴェク・トワ 君と共に9

荒木は思い出した。これまで松本の恋は成就

  •  2
  •  0

2092: Caféアヴェク・トワ 君と共に8

一方、Caféの方に出勤してきた直には、松本

  •  0
  •  0

2091: Caféアヴェク・トワ 君と共に7

温かい灯りのともる場所に、松本は足を踏み

  •  0
  •  0

2090: Caféアヴェク・トワ 君と共に6

今でこそ落ち着いているが、木庭組に世話に

  •  0
  •  0

2089: Caféアヴェク・トワ 君と共に5

申し訳なさそうに、バーテンダーが小声でさ

  •  0
  •  0

2088: Caféアヴェク・トワ 君と共に4

どちらの仕事も終わった夜、約束通り松本は

  •  2
  •  0

2087: Caféアヴェク・トワ 君と共に3

直が出向している高級ホテルのケーキバイキ

  •  0
  •  0

2086: Caféアヴェク・トワ 君と共に2

直はオークジホテルの広いホールで、多くの

  •  0
  •  0

2085: Caféアヴェク・トワ 君と共に 1

固く閉ざされた扉の向こうは静かで、ひそと

  •  2
  •  0

2084: Caféアヴェク・トワシリーズ、最終章「君と共に」始めます

Caféアヴェク・トワシリーズ、最終章「君と

  •  0
  •  0

2080: いつもありがとうございます |ω・`)

すっかり放置していましたこの場所に、あき

  •  0
  •  0

2076: 新年のご挨拶

余りに放置しすぎて、広告が出ています……(´

  •  2
  •  0

2075: caféアヴェク・トワの住人たち 【あとがき】

二人があまり幸せそうだと、ちょっと苛めた

  •  3
  •  0

2074: caféアヴェク・トワの住人たち 13 【最終話】

額の髪を払って、やさしく唇を落とす。ちゅ

  •  0
  •  0

2073: caféアヴェク・トワの住人たち 12

揺れる電車の中、直が隣に座っているのを、

  •  0
  •  0

2072: caféアヴェク・トワの住人たち 11

顔を見合わせて直の祖母と松本は、思わず笑

  •  0
  •  0

2071: caféアヴェク・トワの住人たち 10

青畳に深々と頭を下げられ、思わず反射的に

  •  4
  •  0

2070: caféアヴェク・トワの住人たち 9

誘われた茶室はほの暗く、清楚な白い秋明菊

  •  0
  •  0

2069: caféアヴェク・トワの住人たち 8

思わず腕を伸ばして、確かめるように直を抱

  •  0
  •  0

2068: caféアヴェク・トワの住人たち 7

直の部屋に駆け戻った松本は、合鍵を使って

  •  0
  •  0

2067: caféアヴェク・トワの住人たち 6

「おいおい、直が居なくなったって~?」ど

  •  2
  •  0

2066: caféアヴェク・トワの住人たち 5

昼休憩の時、揃って賄いを食べながら、やっ

  •  0
  •  0

2065: caféアヴェク・トワの住人たち 4

それからしばらくたった朝、荒木が新しい厨

  •  0
  •  0

2064: caféアヴェク・トワの住人たち 3

ある日、荒木が持ってきた直のケーキを見て

  •  0
  •  0

2063: caféアヴェク・トワの住人たち 2

caféアヴェク・トワに出勤した直は、いつに

  •  0
  •  0

2061: caféアヴェク・トワの住人たち 1

細いカーテンの隙間から差し込む朝日を避け

  •  0
  •  0

2062: 「caféアヴェク・トワの住人たち」 始めます (〃゚∇゚〃)

お久しぶり~ふ♡なのでっす。(〃゚∇゚〃) ハ

  •  0
  •  0

2060: パーティ 6 「最終話」……と、あとがき

周二の父親の黒塗り外車に、隼が自転車で傷

  •  3
  •  0

2059: パーティ 5

周二は瞬時に考えを巡らせた。一歩、外に出

  •  0
  •  0

2058: パーティ 4

周二の膝の上で、好きだと言うグレープフル

  •  2
  •  0

2057: パーティ 3

細い手首に目立つ白いファーは細い鎖の付い

  •  0
  •  0

2056: パーティ 2

くるりと振り向いて、松本が告げた。「着い

  •  0
  •  0

2054: パーティ

厨房で片付けをする直に、松本が声をかけた

  •  2
  •  0

2055: 短編ですが……

本日9時から、短編ですが「パーティ」を始

  •  0
  •  0

2052: Café アヴェク・トワで恋して36 【最終話】

次の日、尾上は直の作った焼き菓子を持って

  •  4
  •  0

2051: Café アヴェク・トワで恋して35

ランチの仕込みに呼ばれた直は、尾上と松本

  •  2
  •  0

2050: Café アヴェク・トワで恋して34

尾上の様子を見ていた直が、静かに近づいた

  •  0
  •  0

2049: Café アヴェク・トワで恋して33

尾上に見られていた……?何をどこまで見られ

  •  0
  •  0

2048: Café アヴェク・トワで恋して32

尾上の見ていたのは、優しい兄の被った仮面

  •  0
  •  0

2047: Café アヴェク・トワで恋して31

生活に疲れた母親は、不安定だった。久しぶ

  •  0
  •  0

2046: Café アヴェク・トワで恋して30

学校にも行かないで夕刻までゲームセンター

  •  2
  •  0

2045: Café アヴェク・トワで恋して29

誰にも話したことはない。尾上は寂しい子供

  •  0
  •  0

2044: Café アヴェク・トワで恋して28

いつもの時間に出てきた荒木も、すぐに食材

  •  0
  •  0

2043: Café アヴェク・トワで恋して27

しばらく、ルセットを眺めていた直が、着替

  •  4
  •  0

2042: Café アヴェク・トワで恋して26

直に触れる松本の大きな手は優しい。シャワ

  •  0
  •  0

2041: Café アヴェク・トワで恋して25

泣きぬれた顔のまま、耳を疑った直はゆっく

  •  2
  •  0

2040: Café アヴェク・トワで恋して24

直は、にこにこと笑う松本の心中がわからず

  •  0
  •  0

2039: Café アヴェク・トワで恋して23

勝手に座ると、聞かれもしないことを、饒舌

  •  0
  •  0

2038: Café アヴェク・トワで恋して22

ずっと脳裏の片隅にこびりついた、相良の痛

  •  0
  •  0

2037: Café アヴェク・トワで恋して21

黒崎を目の前にしたら、きっと怒りがあふれ

  •  0
  •  0

2036: Café アヴェク・トワで恋して20

おそらく、余計な話をせずに、もっと早くそ

  •  0
  •  0

2035: Café アヴェク・トワで恋して 19

口の中でほぐれたケーキの欠片に、思わず松

  •  0
  •  0

2034: Café アヴェク・トワで恋して 18

「マイセンのオルゴール人形みたいな女だな

  •  2
  •  0

2033: Café アヴェク・トワで恋して 17

一方、松本は苛々と靴音を立てて、あてもな

  •  0
  •  0

2032: Café アヴェク・トワで恋して 16

尾上は事務室でしばらく泣いていたが、やが

  •  0
  •  0

2031: Café アヴェク・トワで恋して 15

松本は厨房に入ると、一人皿を片付けている

  •  0
  •  0

2030: Café アヴェク・トワで恋して 14

ぺたりと座り込むと、整髪剤で完璧に整えた

  •  0
  •  0

2029: Café アヴェク・トワで恋して 13

扉のあく音に、直は何気なく顔を向けた。「

  •  0
  •  0

2028: Café アヴェク・トワで恋して 12

その日はまるで、caféアヴェク・トワにとっ

  •  0
  •  0

2027: Café アヴェク・トワで恋して 11

尾上に責められている気がしていた。それで

  •  0
  •  0

2026: Café アヴェク・トワで恋して 10

二人が調理に取り掛かったのを見ていた松本

  •  2
  •  0

2025: Café アヴェク・トワで恋して 9

共働きの夫婦のように、caféアヴェク・トワ

  •  4
  •  0

2024: Café アヴェク・トワで恋して 8

直が眠ったのを見届けて、家に帰るはずの松

  •  2
  •  0

2023: Café アヴェク・トワで恋して 7

二人、抱き合って、布団の中にいた。一つの

  •  0
  •  0

2022: Café アヴェク・トワで恋して 6

松本は不安げな直を引き寄せ、強く抱き込ん

  •  0
  •  0

2021: Café アヴェク・トワで恋して 5

小さくため息をついた直に、松本が気が付い

  •  0
  •  0

2020: Café アヴェク・トワで恋して 4

頼みの荒木は視線を彷徨わせながら、いかに

  •  0
  •  0

2019: Café アヴェク・トワで恋して 3

結局、次の休みの日、店内には菓子用のショ

  •  0
  •  0

2018: Café アヴェク・トワで恋して 2

同じ賄いを食べながら、松本と荒木は味のチ

  •  0
  •  0

2017: Café アヴェク・トワで恋して 1

カフェが開店して以来、驚くほど売り上げは

  •  0
  •  0

2016: 【Café アヴェク・トワで恋して 】 始めます

お久しぶり~ふでっす。(〃゚∇゚〃) 「Café

  •  0
  •  0

2015: Café  アヴェク・トワへようこそ 18 【最終話】

相良をちらりと見た後、黙って椅子を引き寄

  •  4
  •  0

2014: Café  アヴェク・トワへようこそ 17

色々な場所の産直市めぐりを終えた荒木から

  •  2
  •  0

2013: Café  アヴェク・トワへようこそ 16

黒崎には、作り上げた自分の砂の楼閣が、波

  •  0
  •  0

2012: Café  アヴェク・トワへようこそ 15

誰にも相談できず、追い詰められていった相

  •  0
  •  0

2011: Café  アヴェク・トワへようこそ 14

「直は、あの蜥蜴野郎といつまで一緒にいた

  •  0
  •  0

2010: Café  アヴェク・トワへようこそ 13

心配しているだろう田舎の祖母に葉書を書い

  •  2
  •  0

2009: Café  アヴェク・トワへようこそ 12

松本の腕の中で、相良は黒崎との出会いを、

  •  0
  •  0

2008: Café  アヴェク・トワへようこそ 11 【R-18】

BL的性愛表現があります。ご注意ください。

  •  0
  •  0

2007: Café  アヴェク・トワへようこそ 10  【R-18】

BL的性愛表現があります。ご注意くださいま

  •  0
  •  0

2006: Café  アヴェク・トワへようこそ 9

松本は黒崎に近づくと顔を覗き込み、一般論

  •  2
  •  0

2005: Café  アヴェク・トワへようこそ 8

そこに松本がいるのが、力になったのかもし

  •  0
  •  0

2004: Café  アヴェク・トワへようこそ 7

松本は、電話の向こうに、悲鳴のような切羽

  •  2
  •  0

2003: Café  アヴェク・トワへようこそ 6

相良が帰宅したのち、松本はフランス語の辞

  •  0
  •  0

2002: Café  アヴェク・トワへようこそ 5

静かに水回りの拭き掃除をする相良に、松本

  •  2
  •  0

2001: Café  アヴェク・トワへようこそ 4

一方で相良は、自分の駄目っぷりに落ち込ん

  •  0
  •  0

2000: Café  アヴェク・トワへようこそ 3

「店長としては、相良くんをどうしたいわけ

  •  0
  •  0

1999: Café  アヴェク・トワへようこそ 2

荒木は苛々していた。松本が即決で雇うと決

  •  3
  •  0

1998: Café  アヴェク・トワへようこそ 1

木庭組が新規事業として目を付けたのは、カ

  •  0
  •  0

1997: 【Café アヴェク・トワへようこそ】始めます

暑い日が続いております。皆さま、お変わり

  •  2
  •  0

1996: 終(つい)の花   【あとがき】

長らくお読みいただきありがとうございます

  •  0
  •  0

1995: 終(つい)の花 東京編 28 【最終話】

同じ時。まどろんでいた一衛は、下から呼び

  •  2
  •  0

1994: 終(つい)の花 東京編 27

峠の道は、地の利を得た薩摩軍が草むらに潜

  •  0
  •  0

1993: 終(つい)の花 東京編 26

直正の仕えた元会津藩家老佐川官兵衛は、鬼

  •  0
  •  0

1992: 終(つい)の花 東京編 25

目を輝かせて覗き込む一衛の姿に、懐かしさ

  •  0
  •  0

1991: 終(つい)の花 東京編 24

ふっと微笑んで、直正は顔を近づけてやった

  •  0
  •  0

1990: 終(つい)の花 東京編 23

江藤新平率いる佐賀の乱が鎮圧されてから二

  •  0
  •  0

1989: 終(つい)の花 東京編 22

警視庁は騒然としていた。このころ、武士階

  •  0
  •  0

1988: 終(つい)の花 東京編 21

「人斬り包丁は、もはや用済みの文明開化の

  •  0
  •  0

1987: 終(つい)の花 東京編 20

警視庁に出仕しようとした直正は、島原屋の

  •  0
  •  0

1986: 終(つい)の花 東京編 19

翌日、一衛は起き上がれなかった。肌を合わ

  •  2
  •  0

1985: 終(つい)の花 東京編 18

「薬玉や鼈甲のかんざしを挿すように言われ

  •  0
  •  0

1984: 終(つい)の花 東京編 17

微かに漂う甘い脂粉の香りが、鼻をくすぐる

  •  0
  •  0

1983: 終(つい)の花 東京編 16

直正は一衛の姿に言葉をなくした。「その恰

  •  0
  •  0

1982: 終(つい)の花 東京編 15

島原屋の主、日向は腹を決めた。これ以上は

  •  0
  •  0

1981: 終(つい)の花 東京編 14

窪田は語気を強めた。「例え天が許しても、

  •  0
  •  0

1980: 終(つい)の花 東京編 13

容保公は、緋毛氈の上に頭を下げて血涙をこ

  •  0
  •  0

1979: 終(つい)の花 東京編 12

季節は廻った。直正はいつものように手弁当

  •  0
  •  0

1978: 終(つい)の花 東京編 11

山に入って栃の実を拾ってくるのは、子供た

  •  0
  •  0

1977: 終(つい)の花 東京編 10

直正が帰ってくると、いつも一衛は話を聞き

  •  0
  •  0

1976: 終(つい)の花 東京編 9

日向は男の前で、一衛に着せ掛けた薄い布団

  •  0
  •  0

1975: 終(つい)の花 東京編 8

地面に叩きつけられる寸前に、一衛の体を日

  •  0
  •  0

1974: 終(つい)の花 東京編 7

廓の外の大通りは、花魁道中の見物人も溢れ

  •  0
  •  0

1973: 終(つい)の花 東京編 6

一衛が感じたとおり、この男にはもう一つの

  •  0
  •  0

1972: 終(つい)の花 東京編 5

日向という男は、世間に後ろ指をさされる二

  •  0
  •  0

1971: 終(つい)の花 東京編 4

久しぶりのまともな食事に舌鼓を打ち、人心

  •  0
  •  0

1969: 終(つい)の花 東京編 3

唯一つの良心にしたがって、追い詰められて

  •  2
  •  0

1968: 終(つい)の花 東京編 2

出身地を東北だと相手に告げる度、足元を見

  •  0
  •  0

1967: 終(つい)の花 東京編 1

江戸への旅は、思っていたよりも苦労の連続

  •  2
  •  0

1966: 終(つい)の花 70 

穏やかに言葉を選びながら、清助は一衛に話

  •  2
  •  0

1965: 終(つい)の花 69

出てきた名主は、かつて相撲を取ったことの

  •  0
  •  0

1964: 終(つい)の花 68

降伏式の後、容保は城内に戻り、遺体の投げ

  •  0
  •  0

1963: 終(つい)の花 67

松平容保・喜徳父子は政府軍の軍門に下り、

  •  0
  •  0

1962: 終(つい)の花 66

思わず問い返した。「逃げるのですか?」「

  •  0
  •  0

1961: 終(つい)の花 65

いくつかの降伏の条件の中には、城外へ降参

  •  0
  •  0

1960: 終(つい)の花 64

直正はきびきびと指示を飛ばした。「反撃し

  •  0
  •  0

1959: 終(つい)の花 63

合流した直正と、鉄砲隊の残りの兵も農民の

  •  0
  •  0

1958: 終(つい)の花 62

普段なら決して拝謁など許されないが、容保

  •  0
  •  0

1957: 終(つい)の花 61

城内に入った一衛は、まず直正を捜したが、

  •  0
  •  0

1956: 終(つい)の花 60

その日、会津の城下では、多くの者が自刃し

  •  0
  •  0

1955: 終(つい)の花 59

9月。新政府軍は諸藩を巻き込んで、恐ろし

  •  2
  •  0

1954: 終(つい)の花 58

何故、会津はこれほどまでに無謀な戦いを回

  •  0
  •  0

1953: 終(つい)の花 57

この子はいつも本当に一生懸命だ。「頼もし

  •  0
  •  0

1952: 終(つい)の花 56

「あの……直さまは、毎日お城にいらっしゃる

  •  0
  •  0

1951: 終(つい)の花 55

誰もが命を賭して、愛する者たちの住む会津

  •  2
  •  0

1950: 終(つい)の花 54

遅きに失したが、やっと会津藩は西洋式の軍

  •  0
  •  0

1949: 終(つい)の花 53

一衛は、やつれた青い頬に無精ひげの浮いた

  •  0
  •  0

1948: 終(つい)の花 52

天に誓って、大義に基づき間違ったことはし

  •  0
  •  0

1947: 終(つい)の花 51

再三の願も虚しく、会津は追い詰められてゆ

  •  0
  •  0

1946: 終(つい)の花 50

沖へ向かう小舟には、闘う兵士を置き去りに

  •  0
  •  0

1945: 終(つい)の花 49

その少し前、慶喜は容保だけを連れて天守に

  •  0
  •  0

1944: 終(つい)の花 48

味方だと思っていた淀藩、津藩、彦根藩に裏

  •  0
  •  0

1943: 終(つい)の花 47

直正はぎり……と、唇をかんだ。「叔父上……」

  •  0
  •  0

1942: 終(つい)の花 46

武士としての意地と矜持だけではどうにもな

  •  4
  •  0

1941: 終(つい)の花 45

会津藩も、討幕の奔流の中で木の葉のように

  •  0
  •  0

1940: 終(つい)の花 44

幼い日、直正が一衛を心配する余り、追鳥狩

  •  0
  •  0

1939: 終(つい)の花 43

直正は叔父と二人で、固く閉じられた薩摩屋

  •  0
  •  0

1938: 終(つい)の花 42

「殿の御病気はどうなのだろう。わたしは先

  •  0
  •  0

1937: 終(つい)の花 41

どれほど容保が帝を頼みにしていたか、帝が

  •  0
  •  0

1936: 終(つい)の花 40

御殿医の見立てで、帝がそれほど重篤な状態

  •  0
  •  0

1935: 終(つい)の花 39

会津の重臣たちは、渋面を揃えて容保の前に

  •  0
  •  0

1934: 終(つい)の花 38

居並ぶ藩士の中に、小さなざわめきが広がっ

  •  0
  •  0

1933: 終(つい)の花 37

本来ならば一丸となって幕府を支えるはずの

  •  0
  •  0

1932: 終(つい)の花 36

友人たちは慌てた。「え?何だ?どうしたん

  •  0
  •  0

1931: 終(つい)の花 35

「お。相馬殿。どこへ行かれる?」「国許へ

  •  0
  •  0

1930: 終(つい)の花 34

直正はお傍近くに仕える田中と話をしている

  •  0
  •  0

1929: 終(つい)の花 33

帝は何度も容保を参内させ、誰よりも心中を

  •  0
  •  0

1928: 終(つい)の花 32

不逞浪士の跳梁する京の町で、会津藩の力を

  •  0
  •  0

1927: 終(つい)の花 31

話は戻る。松平容保と共に、京都へ入った会

  •  0
  •  0

1926: 終(つい)の花 30

なぁんだ、そうだったのかと、安心したよう

  •  2
  •  0

1925: 終(つい)の花 29

負けた相手は頭を掻いた。「一衛は本当に強

  •  2
  •  0

1924: 終(つい)の花 28

京都守護の役目についた会津藩の働きは、目

  •  1
  •  0

1923: 終(つい)の花 27

会津藩では、藩士の中でも優秀な精鋭部隊一

  •  0
  •  0

1922: 終(つい)の花 26

元々病身で身体の弱かった容保は、風邪をこ

  •  0
  •  0

1921: 終(つい)の花 25

酩酊した直正の脳裏に、過ぎた日に自分を庇

  •  0
  •  0

1920: 終(つい)の花 24

一衛のような若年者に知らされる事は無かっ

  •  0
  •  0

1919: 終(つい)の花 23

直正も、明るく言葉を返す一衛の様子を見て

  •  0
  •  0

1918: 終(つい)の花 22

直正には、一衛の抱えている葛藤が、難なく

  •  0
  •  0

1917: 終(つい)の花 21

直正は膏薬を張り終えると、着物を引き上げ

  •  0
  •  0

1916: 終(つい)の花 20

日新館に通い始めて、一衛は以前ほど直正の

  •  0
  •  0

1915: 終(つい)の花 19

一衛が会津の藩校、日新館に入学した翌年。

  •  0
  •  0

1914: 終(つい)の花 18

一度熱が出始めると、一衛は元々が余り丈夫

  •  0
  •  0

1913: 終(つい)の花 17

直正は背を向けてその場にしゃがみこむと、

  •  2
  •  0

1912: 終(つい)の花 16

一衛の父は藩命を受け、その頃、蝦夷(現在

  •  0
  •  0

1911: 終(つい)の花 15

父の言葉に従って足を運ぶ内に、直正は助け

  •  2
  •  0

1910: 終(つい)の花 14

父は直正に盃を渡した。「いずれは、直正も

  •  0
  •  0

1909: 終(つい)の花 13

家に帰ると、父は既に晩酌をしていた。盃を

  •  2
  •  0

1908: 終(つい)の花 12

「一衛!今、何刻だと思っているのですか。

  •  0
  •  0

1907: 終(つい)の花 11

友人たちと別れると、直正は泣きぬれた一衛

  •  0
  •  0

1906: 終(つい)の花 10

「一衛!」名を呼べば、橋の上で固まってい

  •  2
  •  0

1905: 終(つい)の花 9

直正は、武道場で汗を流していた。友人が数

  •  0
  •  0

1904: 終(つい)の花 8

直正はその時の言葉通り、それから後の日々

  •  0
  •  0

1903: 終(つい)の花 7

「叔母上!ただいま帰りました。」追鳥狩の

  •  2
  •  0

1902: 終(つい)の花 6

群青色の陣羽織の銀糸が、端正な貴公子が立

  •  0
  •  0

1901: 終(つい)の花 5

気付けば直正は、決して入ってはいけないと

  •  2
  •  0

1900: 終(つい)の花 4

翌月、藩政見習いの為、松平容保は初めて会

  •  0
  •  0

1899: 終(つい)の花 3

母は縁側で繕い物をしていた。人の気配に、

  •  4
  •  0

1898: 終(つい)の花 2

それからしばらくして、叔母は大変な難産の

  •  2
  •  0

1897: 終(つい)の花 1

小高い山の上にある神社の石段を、駆けてゆ

  •  0
  •  0

1896: 新しいお話のタイトルは「終(つい)の花」です

今夜から新しく連載を始めたいと思います。

  •  2
  •  0

1895: 年始のご挨拶……(今頃)

ご挨拶が、遅くなりました~(*/д\*) コメ

  •  0
  •  0

1893: 近況報告

大掃除もできていないし……年賀状も書けてい

  •  4
  •  0

1892: お久しぶり~ふでっす。(〃゚∇゚〃)

大好きな幕末の会津を背景に、お話を書いて

  •  7
  •  0

1891: お久しぶり~ふでっす!(*⌒▽⌒*)♪

字書きの端くれになってから、大好きな幕末

  •  2
  •  0

1890: 隼と周二 【眠りのラビリンス・後編】

妄想の世界に行きかけた周二の脳裏を、大魔

  •  2
  •  0

1889: 隼と周二 【眠りのラビリンス・前編】

沢木 隼(さわき しゅん)人と関わること

  •  4
  •  0

2101: 直と松本・挿絵

最近はデッサンが苦手でも、参考にできるポ

  •  0
  •  0

1888: 漂泊の青い玻璃 73 【最終話】とあとがき・追記など

二人は並んで歩きだした。「琉生さん。とこ

  •  6
  •  0

1887: 漂泊の青い玻璃 72

渋谷は、ついに退職の日を迎えた。「渋さん

  •  0
  •  0

1886: 漂泊の青い玻璃 71

事件当日、琉生を送り出した後、尊はすぐに

  •  4
  •  0

1885: 漂泊の青い玻璃 70

渋谷は二杯目のコーヒーに口を付けた。「琉

  •  0
  •  0

1884: 漂泊の青い玻璃 69

琉生は動転していた。琉生は尊に言われるま

  •  0
  •  0

1883: 漂泊の青い玻璃 68

何も考えられなかった。気を失いそうになる

  •  0
  •  0

1882: 漂泊の青い玻璃 67

琉生は軽いノックの音に、尊が戻って来たの

  •  2
  •  0

1881: 漂泊の青い玻璃 66

出立当日、つまり事件の起こる少し前、尊は

  •  0
  •  0

1880: 漂泊の青い玻璃 65

渋谷は、何気ない風を装って話を始めた。「

  •  2
  •  0

1879: 漂泊の青い玻璃 64

渋谷刑事は、ふっと紫煙を吐いた。デスクの

  •  0
  •  0

1878: 漂泊の青い玻璃 63

束の間の幸福な大切な時間。大好きな兄達に

  •  2
  •  0

1877: 漂泊の青い玻璃 62

微睡みの中で、最初に目を覚ました尊は、目

  •  0
  •  0

1876: 漂泊の青い玻璃 61

シャワーだけを浴びて、三人車座に座った。

  •  4
  •  0

1875: 漂泊の青い玻璃 60

硬直した琉生を、隼人はからかった。「琉生

  •  1
  •  0

1874: 漂泊の青い玻璃 59

思わず琉生もつられて笑顔になる。「期待を

  •  4
  •  0

1873: 漂泊の青い玻璃 58

尊は何でもない風に、隼人が持ったままのジ

  •  0
  •  0

1872: 漂泊の青い玻璃 57

久し振りに逢った琉生は、変わらない声とは

  •  0
  •  0

1871: 漂泊の青い玻璃 56

合格を知らせようとして、琉生は何度も隼人

  •  0
  •  0

1870: 漂泊の青い玻璃 55

一つ分かってしまえば、後は芋づる式に全て

  •  0
  •  0

1869: 漂泊の青い玻璃 54

その時描いていた作品は、教師の勧めもあっ

  •  2
  •  0

1868: 漂泊の青い玻璃 53

それから当分、琉生が父と会う事は無かった

  •  0
  •  0

1867: 漂泊の青い玻璃 52

声を殺して琉生は泣いていた。シャワーを盛

  •  3
  •  0

1866: 漂泊の青い玻璃 51

隼人はアパートの近くまで帰って来ていた。

  •  2
  •  0

1865: 漂泊の青い玻璃 50

しばらく何もなかったから、油断していたの

  •  0
  •  0

1864: 漂泊の青い玻璃 49

それでも、父がアニメ制作に関わり、忙しく

  •  2
  •  0

1863: 漂泊の青い玻璃 48

ふと、隼人は琉生の絵に目をやった。壁際の

  •  0
  •  0

1862: 漂泊の青い玻璃 47

尊と隼人、二人の兄に大切に庇護されて、琉

  •  2
  •  0

1861: 漂泊の青い玻璃 46

「琉生?」「ぼく……ずっと尊兄ちゃんと……キ

  •  2
  •  0

1860: 漂泊の青い玻璃 45

表まで出た尊と隼人は、短い会話をした。「

  •  2
  •  0

1859: 漂泊の青い玻璃 44

父の精神疾患さえなかったら、琉生がこんな

  •  0
  •  0

1858: 漂泊の青い玻璃 43

琉生は助手席で、不安そうにしていた。初め

  •  4
  •  0

1857: 漂泊の青い玻璃 42

琉生が学校に行った後、尊と隼人は忙しなく

  •  6
  •  0

1856: 漂泊の青い玻璃 ・これまでのあらすじ

母の再婚によって、家族を得た琉生(るい)

  •  0
  •  0

1855: 漂泊の青い玻璃 41

父が口を挟む前に、素早く寄り切ってしまお

  •  8
  •  0

1854: 漂泊の青い玻璃 40

明け方近くになって、琉生と尊は自宅に帰っ

  •  2
  •  0

1853: 漂泊の青い玻璃 39

回された手に力がこもった。「電話しようと

  •  0
  •  0

1852: 漂泊の青い玻璃 38

人気の無い薄暗いロビーは、冷たく無機質な

  •  2
  •  0

1851: 漂泊の青い玻璃 37

微笑む看護師に背を押されるようにして、尊

  •  0
  •  0

1850: 漂泊の青い玻璃 36

タクシーを飛ばして大学病院の夜間出入口に

  •  0
  •  0

1849: 漂泊の青い玻璃 35

父と争った日、琉生は父の日のプレゼントを

  •  0
  •  0

1848: 漂泊の青い玻璃 34

尊と隼人は、父の言葉を待っていた。しかし

  •  0
  •  0

1847: 漂泊の青い玻璃 33

一年余り平穏な日々が続いていたかに見えた

  •  2
  •  0

1846: 漂泊の青い玻璃 32

琉生の話を聞き、尊の不安は昏い確信へと変

  •  0
  •  0

1845: 漂泊の青い玻璃 31

その時、階下から明るい声がした。「尊兄ち

  •  2
  •  0

1844: 漂泊の青い玻璃 30

珈琲を運んできた琉生を、じっと真正面から

  •  4
  •  0

1843: 漂泊の青い玻璃 29

哀しみの中に居ても、人は前を向いて生きて

  •  2
  •  0

1842: 漂泊の青い玻璃 28

帰りを待ちわびていた母の元に、琉生は息せ

  •  2
  •  0

1841: 漂泊の青い玻璃 27

見上げたまま、どれくらいそうしていただろ

  •  0
  •  0

1840: 漂泊の青い玻璃 26

尊の進学は、すんなりと許された。家を出て

  •  0
  •  0

1839: 漂泊の青い玻璃 25

琉生は、肩越しに優しい声を聞いた。「寂し

  •  0
  •  0

1838: 漂泊の青い玻璃 24

隼人は声を潜めた。「あのな、武の彼女って

  •  0
  •  0

1837: 漂泊の青い玻璃 23

父への不満もあって、強くドアを閉めたら自

  •  2
  •  0

1836: 漂泊の青い玻璃 22

遅かれ早かれ、いずれその日は誰にも訪れる

  •  0
  •  0

1835: 漂泊の青い玻璃 21

幸いなことに母は、琉生が中学にあがっても

  •  2
  •  0

1834: 漂泊の青い玻璃 20

隼人は二階に駆け上がると、懸命に書斎の扉

  •  2
  •  0

1833: 漂泊の青い玻璃 19

琉生が朝、顔を洗っている時、隼人が背後か

  •  0
  •  0

1832: 漂泊の青い玻璃 18

仕方なく尊は、琉生を連れて隼人の部屋を後

  •  1
  •  0

1831: 漂泊の青い玻璃 17

塾から帰って遅い食事を取る長男に、思い詰

  •  0
  •  0

1830: 漂泊の青い玻璃 16

母は胸騒ぎを感じた。隼人は俯いたきり、顔

  •  0
  •  0

1829: 漂泊の青い玻璃 15

馴染みのラーメン屋に紹介された寺川という

  •  4
  •  0

1828: 漂泊の青い玻璃 14

公演後、戦隊ショーの半券を手にした琉生は

  •  2
  •  0

1827: 漂泊の青い玻璃 13

琉生は母と別れ、尊と隼人と三人で、前方の

  •  2
  •  0

1826: 漂泊の青い玻璃 12

遊園地の入り口で、琉生と相手の家族は初対

  •  0
  •  0

1825: 漂泊の青い玻璃 11

母がどうやって新しい父と知り合ったのか、

  •  2
  •  0

1824: 漂泊の青い玻璃 10

小さな子供がいる琉生の母は、思うような職

  •  5
  •  0

1823: 漂泊の青い玻璃 9

※琉生と闘病中の父親の悲しい別れの描写が

  •  0
  •  0

1822: 漂泊の青い玻璃 8

琉生は覚えている。寺川の父と結婚する前、

  •  0
  •  0

1821: 漂泊の青い玻璃 7

尊の首に必死にしがみついて、琉生は頭の中

  •  0
  •  0

1820: 漂泊の青い玻璃 6

12年前、母は琉生を、寺川は男の子二人を

  •  0
  •  0

1819: 漂泊の青い玻璃 5

確かに琉生には、どこか浮世離れした雰囲気

  •  2
  •  0

1818: 漂泊の青い玻璃 4

検死の後、担当刑事は何度も寺川家に足を運

  •  0
  •  0

1817: 漂泊の青い玻璃 3

急ぎ自宅に帰ると、数台の赤色灯が回ってい

  •  0
  •  0

1816: 漂泊の青い玻璃 2

数時間後、ドアを叩く激しい音に、琉生はや

  •  0
  •  0

1815: 漂泊の青い玻璃 1

バイトを終えてアパートに帰った琉生は、部

  •  6
  •  0

1814: 漂泊の青い玻璃  【作品概要】

再婚によって、兄弟となった三人の物語。

  •  0
  •  0

1813: 新しいお話と、近況について

お久しぶり~ふ♪でっす。(〃゚∇゚〃) HPの

  •  4
  •  0

1812: お絵かき 朔良2

リクエストをいただいた、見つめ合う~♪お

  •  4
  •  0

1810: お絵かき 朔良

久しぶりに絵を描こうと思い立ったのはいい

  •  6
  •  0

1809: 番外編 それからの朔良 【後編】

いっそ付き合っているのは内緒にしてしまお

  •  4
  •  0

1808: 番外編 それからの朔良 【前編】

朔良は彩を呼び出し、小橋を紹介することに

  •  1
  •  0

1807: 朔良―そのままの君でいい 16 【最終話】追記、あとがき

激しい鼓動が、静かな寝室の空気を振動させ

  •  8
  •  0

1806: 朔良―そのままの君でいい 15

旭日に感じて良いと言われても、朔良は戸惑

  •  0
  •  0

1805: 朔良―そのままの君でいい 14

小橋の視線は、朔良の傷を埋めるように優し

  •  2
  •  0

1804: 朔良―そのままの君でいい 13

下から小橋を見上げると、つんと細い顔を向

  •  2
  •  0

1803: 朔良―そのままの君でいい 12

風が冷たくはないかと、小橋が聞いた。懐に

  •  0
  •  0

1802: 朔良―そのままの君でいい 11

輝く笑顔に、愁いは無かった。「行きましょ

  •  3
  •  0

1801: 朔良―そのままの君でいい 10

斜に構えた朔良が腕を組み、冷ややかな視線

  •  2
  •  0

1800: 朔良―そのままの君でいい 9

得物を手にした看護師たちの気色ばんだ様子

  •  6
  •  0

1799: 朔良―そのままの君でいい 8

朔良の中の氷が、小橋によって温められ解け

  •  2
  •  0

1798: 朔良―そのままの君でいい 7

胸を抱えて、朔良はその場にゆっくりと膝を

  •  0
  •  0

1797: 朔良―そのままの君でいい 6

小橋は驚いていた。この綺麗な青年には、何

  •  0
  •  0

1796: 朔良―そのままの君でいい 5

立ちつくしたまま、朔良と主治医の顔を交互

  •  0
  •  0

1795: 朔良―そのままの君でいい 4

普段自分が接する二人とは、まるで印象が違

  •  0
  •  0

1794: 朔良―そのままの君でいい 3

理学療法士になると決めてから、朔良は主治

  •  2
  •  0

1793: 朔良―そのままの君でいい 2

朔良の主治医が先日、語っていたことを思い

  •  0
  •  0

1792: 朔良―そのままの君でいい 1

朔良は主治医に勧められて、温水プールでの

  •  9
  •  0

1791: 朔良―そのままの君でいい 【作品概要】

「朔良咲く」の続編になります。自分に自信

  •  0
  •  0

1790: 朔良咲く 【後書き】

「朔良咲く」完結いたしました。長らくお読

  •  5
  •  0

1789: 朔良咲く 23  【最終話】

成長して青年になった朔良と再びめぐり合い

  •  2
  •  0

1788: 朔良咲く 22

朔良が来ていることは知っているはずなのに

  •  3
  •  0

1787: 朔良咲く 21

「いずみちゃんが、頑張れますように。」「

  •  1
  •  0

1786: 朔良咲く 20

母の用意したもの。花飾りのついた白いふわ

  •  4
  •  0

1785: 朔良咲く 19

「朔良?あなた、何してるの?」「ん?あ、

  •  2
  •  0

1784: 朔良咲く 18

朔良が思わず引くほど、はしゃぐ彩には酒も

  •  3
  •  0

1783: 朔良咲く 17

朔良の下げた頭を、ぽんぽんと彩は撫でた。

  •  0
  •  0

1782: 朔良咲く 16

その夜、朔良は彩の帰宅を待っていた。父親

  •  3
  •  0

1781: 朔良咲く 15

朔良は、病院からスイミングへと移動した。

  •  4
  •  0

1780: 朔良咲く 14

いずみという名の少女は、殆ど病院で過ごし

  •  2
  •  0

1779: 朔良咲く 13

朔良は冷ややかな眼を向けた。「自分勝手な

  •  2
  •  0

1778: 朔良咲く 12

島本は、何故か彩の事も知っていた。「織田

  •  5
  •  0

1777: 朔良咲く 11

朔良は髪をかき上げた。何気ない動作に、思

  •  1
  •  0

1776: 朔良咲く 10

朔良の様子のおかしいことに気付いた理学療

  •  2
  •  0

1775: 朔良咲く 9

朔良の通う総合病院は、地域でも有数の医師

  •  2
  •  0

1774: 朔良咲く 8

朔良は直った車に乗り込むと自宅に向かった

  •  0
  •  0

1773: 朔良咲く 7

それは朔良にとって、思い出したくもない忌

  •  2
  •  0

1772: 朔良咲く 6

それから二か月余り、朔良は毎日通い水中歩

  •  0
  •  0

1771: 朔良咲く 5

最近、朔良は医師に勧められて、リハビリの

  •  0
  •  0

1770: 朔良咲く 4

ひっそりと遠くから彩の姿を見て居たいと願

  •  0
  •  0

1768: 朔良咲く 3

運悪くと言うべきか、運良くというべきか。

  •  0
  •  0

1767: 朔良咲く 2

朔良の記憶はそこでぷつりと消えている。思

  •  0
  •  0

1766: 朔良咲く 1

織田朔良は、誰もが目を瞠る美しい少年だっ

  •  2
  •  0

1765: 朔良咲く 【作品概要】

一応タイトルだけは決まりました。(〃゚∇゚〃

  •  1
  •  0

1763: 嘘つきな唇 55  【最終話】

忘れるはずはなかった。大好きな人に言われ

  •  3
  •  0

1762: 嘘つきな唇 54

「里流……?里流……大丈夫か?」何度も名前を

  •  2
  •  0

1761: 嘘つきな唇 53

BL的性表現があります。ご注意ください。

  •  0
  •  0

1760: 嘘つきな唇 52

※BL的性表現があります。ご注意ください

  •  0
  •  0

1759: 嘘つきな唇 51

※BL的性表現があります。ご注意ください

  •  0
  •  0

1758: 嘘つきな唇 50

腕の中で彩の温もりを感じて、少しずつ里流

  •  3
  •  0

1757: 嘘つきな唇 49

里流は悲しかった。酒の上の事と、全てを忘

  •  0
  •  0

1756: 嘘つきな唇 48

羽根でなぞったような、優しい小鳥のキス。

  •  0
  •  0

1755: 嘘つきな唇 47

里流の染まる頬は、運動したせいだけではな

  •  2
  •  0

1754: 嘘つきな唇 46

ゲームに興じる子供たちも、誰かと共に白球

  •  2
  •  0

1753: 嘘つきな唇 45

「里流~、おまえ~。」「だって……」沢口は

  •  0
  •  0

1752: 嘘つきな唇 44

彩は目を逸らすことなく、里流の視線を受け

  •  2
  •  0

1751: 嘘つきな唇 43

二人の首に腕を回して、肩に顔を埋めた彩が

  •  4
  •  0

1750: 嘘つきな唇 42

弧を描いて、ボールがグラブに吸いこまれた

  •  5
  •  0

1749: 嘘つきな唇 41

「そうじゃないだろ。」裏口にひょいと顔を

  •  0
  •  0

1748: 嘘つきな唇 40

得意先から集めた十数個のビールケースを、

  •  4
  •  0

1747: 嘘つきな唇 39

のろのろと衣類を整える里流の赤い目に、彩

  •  2
  •  0

1746: 嘘つきな唇 38

※BL的性愛描写があります。ご注意くださ

  •  5
  •  0

1745: 嘘つきな唇 37

互いに迷っていた。どこまで踏み込んでいい

  •  0
  •  0

1744: 嘘つきな唇 36

一体何が彩を怒らせているのか、里流には激

  •  2
  •  0

1743: 嘘つきな唇 35

里流は瞠目した後、一つ息を吐き固く目を閉

  •  2
  •  0

1742: 嘘つきな唇 34

居酒屋の奥の部屋で、従業員にふわりと掛け

  •  0
  •  0

1741: 嘘つきな唇 33

そして翌日から毎日、変わることなく彩は会

  •  4
  •  0

1740: 嘘つきな唇 32

病室の前の椅子に座って、彩は所在無くぼん

  •  2
  •  0

1739: 嘘つきな唇 31

電話は滅多にかけたことなど無い彩の母親か

  •  4
  •  0

1738: 嘘つきな唇 30

真摯な瞳に戸惑ってしまう。朔良がそんな気

  •  7
  •  0

1737: 嘘つきな唇 29

帰り道、助手席の朔良は寡黙だった。彩もど

  •  1
  •  0

1736: 嘘つきな唇 28

気付けば、あの事故から三年の月日が過ぎて

  •  0
  •  0

1735: 嘘つきな唇 27

すぐそこに看板が見えているスポーツ用品専

  •  0
  •  0

1733: 嘘つきな唇 26

結局、彩は朔良の父親の申し出を受ける事に

  •  0
  •  0

1734: これまでと、今後のあらすじ

(先輩×後輩 再会物)片桐里流(かたぎりさ

  •  3
  •  0

1732: ご無沙汰しております (`・ω・´)

諸事情がありまして、しばらく更新をお休み

  •  9
  •  0

1731: 嘘つきな唇 25

それに、この話を受けてしまったら枷(かせ

  •  5
  •  0

1730: 嘘つきな唇 24

彩は部屋にこもった。部屋の中央には、昨年

  •  0
  •  0

1729: 嘘つきな唇 23

久し振りの自宅での夕食時、彩は自分の両親

  •  4
  •  0

1728: 嘘つきな唇 22

彩はやりきれなかった。拳を握りしめて、鈍

  •  1
  •  0

1727: 嘘つきな唇 21

痛みに耐えかねて呻く朔良を励ましていた彩

  •  3
  •  0

1726: 嘘つきな唇 20

生活に疲弊し、汚れたシャツは皺だらけで昔

  •  3
  •  0

1725: 嘘つきな唇 19

翌日から扉を開けると、沢口がジャージで待

  •  0
  •  0

1724: 嘘つきな唇 18

沢口は里流の話を聞き、振った本人が何も知

  •  1
  •  0

1723: 嘘つきな唇 17

教室に泣き顔で帰るわけにもいかず、里流は

  •  3
  •  0

1722: 嘘つきな唇 16

そして里流が思った通りの言葉を、彩は口に

  •  0
  •  0

1721: 嘘つきな唇 15

がんがんと頭痛がする。それでもいつも通り

  •  0
  •  0

1720: 嘘つきな唇 14

やがて日が暮れ、ぽっと裏口の明かりに照ら

  •  4
  •  0

1719: 嘘つきな唇 13

「朔良が怪我をしたのは、俺のせいです。す

  •  1
  •  0

1718: 嘘つきな唇 12

帰校した里流は、担任を探した。とにかく事

  •  2
  •  0

1717: 嘘つきな唇 11

大通りに向かう救急車両とパトカーのサイレ

  •  2
  •  0

1716: 嘘つきな唇 10

何度めかのキスの後、彩はぽんと頭を撫ぜた

  •  0
  •  0

1715: 嘘つきな唇 9

里流はいつも通り玄関を開けて、待っている

  •  0
  •  0

1714: 嘘つきな唇 8

数日たって、意を決した朔良は島本だけに声

  •  0
  •  0

1713: 嘘つきな唇 7

朔良は運が悪かった。どんな高校にもはみ出

  •  2
  •  0

1712: 嘘つきな唇 6

幸せな余韻に浸りながら、頬を染めた里流が

  •  2
  •  0

1711: 嘘つきな唇 5

彩は自転車置き場まで追って来た里流の言葉

  •  2
  •  0

1709: 嘘つきな唇 4

里流は彩の作ったメニューどうり、毎朝の走

  •  0
  •  0

1708: 嘘つきな唇 3

潮時……という言葉を、里流の母親も口にし心

  •  0
  •  0

1707: 嘘つきな唇 2

二人の在籍する高校は、県下でもいわゆる進

  •  2
  •  0

1706: 嘘つきな唇 1

盛夏思い出すだけで、胸が締め付けられる切

  •  2
  •  0

1705: 嘘つきな唇 【作品概要】

(先輩×後輩 再会物)片桐里流(かたぎりさ

  •  2
  •  0

1704: 純情子連れ狼 番外編 【恋する双葉】

あれから数か月たって、隼は送られてきた双

  •  6
  •  0

1703: 純情子連れ狼 21 【最終話】

隼は濡れた瞳を向けた。「周二くん……もう……

  •  4
  •  0

1702: 純情子連れ狼 20

双葉は朱美の胸に抱かれて、うとうととして

  •  2
  •  0

1701: 純情子連れ狼 19

「ほら。双葉。母ちゃんが来たぞ。隼から離

  •  4
  •  0

1700: 純情子連れ狼 18

「隼っ!?」先に到着していた周二は、確か

  •  6
  •  0

1699: 純情子連れ狼 17

一方、周二に呼び出された隼は、双葉を抱い

  •  2
  •  0

1698: 純情子連れ狼 16

木本が話した通り、大門は自分の店に立ち寄

  •  2
  •  0

1697: 純情子連れ狼 15

「前組長が亡くなったんなら、時間が経つと

  •  4
  •  0

1696: 純情子連れ狼 14

「気が済んだか?」「まだよ。聞くことが有

  •  2
  •  0

1695: 純情子連れ狼 13

全て秘密にしていたはずなのに、殆どの事を

  •  2
  •  0

1694: 純情子連れ狼 12

双葉を隼と周二に託した朱美は、その頃、思

  •  4
  •  0

1693: 純情子連れ狼 11

隼はじっと双葉の寝顔を見つめていた。双葉

  •  2
  •  0

1692: 純情子連れ狼 10

周二は何気なく問うた。「で、木本。黒幕は

  •  4
  •  0

1691: 純情子連れ狼 9

やがて時は経ち、祖父が亡くなり周二の父親

  •  0
  •  0

1690: 純情子連れ狼 8

周二が帰宅すると、まだ木本の店が開いてい

  •  2
  •  0

1689: 純情子連れ狼 7

もしも墨花会で抗争が起きたのなら、木庭組

  •  8
  •  0

1688: 純情子連れ狼 6

どうやら大きい方をしたようで、おむつ替え

  •  4
  •  0

1687: 純情子連れ狼 5

朱美を見送った周二と妾が奥の部屋に戻った

  •  4
  •  0

1686: 純情子連れ狼 4

周二には、朱美の言いたいことがわかるよう

  •  2
  •  0

1685: 純情子連れ狼 3

「……周ちゃんっ!会いたかった!」「げっ!

  •  2
  •  0

1684: 純情子連れ狼 2

その日の夕方の全国ニュースを、たまたま見

  •  4
  •  0

1683: 純情子連れ狼 1

パパ沢木が、自宅療養を許されて退院するこ

  •  6
  •  0

1682: 純情子連れ狼 【作品概要】

沢木 隼(さわき しゅん)人と関わること

  •  0
  •  0

1681: 生存報告と「お知らせ」でっす

(〃゚∇゚〃) お久ぶり~ふでっす。しばらくお

  •  5
  •  0

1680: HP

しばらく放置していたHPを更新しないと、

  •  0
  •  0

1679: 風に哭く花 43 【最終話】とあとがき

週末は、青児も柏木のマンションにやって来

  •  4
  •  0

1678: 風に哭く花 42

マンションの扉の前で躊躇する翔月の姿を見

  •  0
  •  0

1677: 風に哭く花 41

夏休みが終わり、変わらぬ日々が戻ってきた

  •  0
  •  0

1676: 風に哭く花 40

それまで、柏木を絶対に許せないと密かに思

  •  0
  •  0

1675: 風に哭く花 39

青児は、胸が痛くなった。信じていた大好き

  •  0
  •  0

1674: 風に哭く花 38

話の見えない柏木は、知らずに傷ついた弟の

  •  4
  •  0

1673: 風に哭く花 37

出かけるのか?と問う兄に、光揮は玄関で振

  •  2
  •  0

1672: 風に哭く花 36

話はまだ終わっていなかった。決まり悪そう

  •  0
  •  0

1671: 風に哭く花 35

青児の声を耳にするなり、寝台の上の翔月は

  •  2
  •  0

1670: 風に哭く花 34

BL的性愛場面、加虐場面があります。ご注

  •  0
  •  0

1669: 風に哭く花 33

BL的性愛場面、加虐場面があります。ご注

  •  0
  •  0

1668: 風に哭く花 32

あられもない姿の翔月が、そこにいた……名前

  •  0
  •  0

1667: 風に哭く花 31

男の背後には扉が有って、そこに翔月は要る

  •  2
  •  0

1666: 風に哭く花 30

空気が澱んで(よどんで)いる……わけもなくそ

  •  2
  •  0

1665: 風に哭く花 29

青児は渋る担任に詰め寄っていた。「柏木先

  •  4
  •  0

1664: 風に哭く花 28

柏木だ!何故か確信が有った。校舎裏の職員

  •  4
  •  0

1663: 風に哭く花 27

青児は、大人げない自分に腹を立てていた。

  •  4
  •  0

1662: 風に哭く花 26

翔月をなじる青児の言葉は尖っていた。「……

  •  2
  •  0

1661: 風に哭く花 25

登校日は、青児にとっても翔月にとっても忘

  •  4
  •  0

1660: 風に哭く花 24

左右の膝をそれぞれに折り曲げて緩く結わえ

  •  4
  •  0

1659: 風に哭く花 23

青児が心配している頃、翔月は柏木の腕の中

  •  2
  •  0

1658: 風に哭く花 22

ふと翔月に呼ばれたような気がして、青児は

  •  4
  •  0

1657: 風に哭く花 21

狭い風呂の扉を開けて、二人に注視されなが

  •  2
  •  0

1656: 風に哭く花 20

柏木は直も意地悪く、言葉で翔月を弄った。

  •  2
  •  0

1655: 風に哭く花 19

そして、ベスト4を決める準々決勝。連投で

  •  0
  •  0

1654: これまでのあらすじ

更科翔月(さらしなかつき)と荏田青児(え

  •  0
  •  0

1653: 風に哭く花 18

全校応援が続き、校内には交代で数人の教師

  •  4
  •  0

1652: 風に哭く花 17

翔月と交わした約束通り、その後の青児の活

  •  0
  •  0

1651: 風に哭く花 16

あれから時々、青児の家に寄って二人は甘い

  •  4
  •  0

1650: 風に哭く花 15

どこかで蝉が鳴いている。気が付いた翔月の

  •  0
  •  0

1649: 風に哭く花 14

放課後、いつものように柏木に呼び出された

  •  2
  •  0

1648: 風に哭く花 13

青児はじっと翔月を見つめた。「……翔月……お

  •  2
  •  0

1647: 風に哭く花 12

まるで嵐のようだった。青児から迸る激情は

  •  2
  •  0

1646: 風に哭く花 11

しゃくりあげながら翔月は、大好きな青児に

  •  0
  •  0

1645: 風に哭く花 10

久し振りに足を踏み入れた青児の部屋は、い

  •  0
  •  0

1644: 風に哭く花 9

男にしては華奢すぎる線の細さも、小さな顔

  •  6
  •  0

1643: 風に哭く花 8

いつかあの子を、自分のモノにしよう……翔月

  •  0
  •  0

1642: 風に哭く花 7

柏木は震える翔月の肩を、この上なく優しく

  •  0
  •  0

1641: 風に哭く花 6

翔月はまるで覚えていないが、柏木との出会

  •  4
  •  0

1640: 風に哭く花 5

翔月の身体の上に屈みこんで、あちこちもて

  •  0
  •  0

1639: 風に哭く花 4

とんと柏木に背後から肩を押されて、翔月は

  •  0
  •  0

1638: 風に哭く花 3

しばらく一人で泣いた後、重い足を引きずる

  •  0
  •  0

1637: 風に哭く花 2

何故こんな風に、青児にそっけなく言ってし

  •  0
  •  0

1636: 風に哭く花 1

内向的……更科翔月(さらしな かつき)を一

  •  4
  •  0

1635: 風に哭く花 【作品概要】

更科翔月(さらしなかつき)と荏田青児(え

  •  0
  •  0

1634: きえちんにお祝いイラスト描きました(〃゚∇゚〃)

まだまだへたっぴなのですが、BLの丘のき

  •  2
  •  0

1633: 優しい封印 番外編 「求と準一郎」

ゲームに興じている準一郎の傍に、そうっと

  •  3
  •  0

1632: 優しい封印 【あとがき】

極道の本を探して読んでいますと、とても物

  •  2
  •  0

1631: 優しい封印 32 【最終話】

沈みかけた太陽に向かって肩を並べてゆっく

  •  7
  •  0

1630: 優しい封印 31

劉二郎は、利口な番犬のように廊下で待って

  •  4
  •  0

1629: 優しい封印 30

翌日。涼介を連れて、見舞に来た鴨嶋劉二郎

  •  4
  •  0

1628: 優しい封印 29

病院から帰ってきた涼介は、月虹と六郎から

  •  8
  •  0

1627: 優しい封印 28

その夜、劉二郎は月虹と六郎と久しぶりに酒

  •  5
  •  0

1626: 優しい封印 27

パン……!乾いた音に驚いた六郎が、居間に飛

  •  4
  •  0

1625: 優しい封印 26

床に転がった求は、どんな扱いを受けても微

  •  2
  •  0

1624: 優しい封印 25

※加虐描写があります。ご注意ください。求

  •  2
  •  0

1623: 優しい封印 24

現場は汗と白濁と血にまみれ、臭気漂う惨憺

  •  2
  •  0

1622: 優しい封印 23

出来ればすぐにでも、涼介の父親を救いに行

  •  4
  •  0

1621: 優しい封印 22

男の向かったのは、劉二郎の想像通りなら、

  •  4
  •  0

1620: 優しい封印 21

鴨嶋劉二郎の乾坤一擲(けんこんいってき)

  •  4
  •  0

1619: 優しい封印 20

涼介の母親が越して来る日の朝、劉二郎は月

  •  2
  •  0

1618: 優しい封印 19

「おやっさん。どうやら間島ってのはムショ

  •  2
  •  0

1617: 優しい封印 18

涼介は、駅へと母を送って行った。それまで

  •  4
  •  0

1616: 優しい封印 17

月虹はノートパソコンを持って来て、母親と

  •  2
  •  0

1615: 優しい封印 16

もう何ともなかったが、涼介は眠ったふりを

  •  2
  •  0

1614: 優しい封印 15

何て言って良いかわからないと涙ぐんだ、涼

  •  4
  •  0

1613: 優しい封印 14

顔を見た途端、息子と夫がいなくなってから

  •  2
  •  0

1612: 優しい封印 13

最初、本家に養子に行ってくれないかと言い

  •  2
  •  0

1611: 優しい封印 12

涼介が繁華街の鴨嶋組に落ち着いた頃、連れ

  •  3
  •  0

1610: 優しい封印 11

次の日、涼介は朝早くから鴨嶋組の台所にい

  •  4
  •  0

1609: 優しい封印 10

鴨嶋組に居場所を見つけた涼介は、玄関で今

  •  2
  •  0

1608: 優しい封印 9

必死に飯をかき込む様子を眺めながら、事情

  •  4
  •  0

1607: 優しい封印 8

涼介と月虹の出会いの場面は「夜の虹」と重

  •  2
  •  0

1606: 優しい封印 7

不安に押しつぶされそうな涼介が、当てもな

  •  2
  •  0

1605: 優しい封印 6

薄い性の知識しかなかったが、中学三年生の

  •  0
  •  0

1604: 優しい封印 5

必死に伸ばそうとした求の腕は、涼介に触れ

  •  2
  •  0

1603: 優しい封印 4

母を送った後、作り置きのカレーで夕食を済

  •  4
  •  0

1602: 優しい封印 3

そんな会話を涼介が知る由もなかったが、学

  •  0
  •  0

1601: 優しい封印 2

母の恋人は、間島求(まじまもとむ)と名乗

  •  2
  •  0

1600: 優しい封印 1

どこにでもある話だと思う。父と離婚後、苦

  •  2
  •  0

1599: 優しい封印 【作品概要】

仙道月虹の舎弟、川口涼介は月虹に出会う前

  •  0
  •  0

1598: いつもお傍に 4 【最終話】

数年後、月虹が身を寄せている鴨嶋組に、尋

  •  6
  •  0

1597: いつもお傍に 3

金剛氏郷の忠誠は、月虹が成長し華桜陰学園

  •  2
  •  0

1596: いつもお傍に 2

次期当主に選ばれた月虹は、執事の金剛を相

  •  8
  •  0

1595: いつもお傍に 1

それは、月虹が華桜陰学園初等科に入学する

  •  2
  •  0

1594: いつもお傍に 【作品概要】

「夜の虹」の番外編です。仙道家に代々仕え

  •  2
  •  0

1593: 夜の虹 19 【最終話】

翌日、月虹は様子を見に来た雪に、散々に叱

  •  4
  •  0

1592: 夜の虹 18

BL的性描写があります。ご注意ください。

  •  2
  •  0

1591: 夜の虹 17

BL的性描写があります。ご注意ください。

  •  0
  •  0

1590: 夜の虹 16

話を聞いて泣きじゃくる涼介に、月虹は胸を

  •  0
  •  0

1589: 夜の虹 15

旅立つ前日。肩を並べて歩きながら、ふと清

  •  4
  •  0

1588: 夜の虹 14

端的にいえば、惚れた清介の方が悪かったと

  •  5
  •  0

1587: 夜の虹 13

BL的性描写が有ります。ご注意ください。

  •  3
  •  0

1586: 夜の虹 12

月虹の初恋。それは、心の奥に深く刻み込ま

  •  4
  •  0

1585: 夜の虹 11

気の毒なくらいしょげ返って警察から戻った

  •  4
  •  0

1584: 夜の虹 10

看護師になりたかった雪ちゃんは、驚くほど

  •  2
  •  0

1583: 夜の虹 9

明かりの消えた窓を、唇を噛んだ涼介が睨み

  •  2
  •  0

1582: 夜の虹 8

月虹がスナックに通い始めて、きっちり数え

  •  2
  •  0

1581: 夜の虹 7  

最近、月虹は一人で出かける日が増えた。「

  •  5
  •  0

1580: 夜の虹 6

普段の軽薄な姿からは想像しにくいが、ホス

  •  2
  •  0

1579: 夜の虹 5

仙道月虹が抱いた女は、大抵、今まで男運が

  •  4
  •  0

1811: 朔良と小橋

  •  0
  •  0

1577: 夜の虹 4

月虹の弟分、涼介は、月虹の囲いの女たちに

  •  0
  •  0

1576: 夜の虹 3

ヘルスの雪ちゃんに渡す、ご褒美の甘いお菓

  •  2
  •  0

1575: 夜の虹 2

月虹が出会った時の涼介は、母親の再婚に反

  •  2
  •  0

1573: 夜の虹 1

事務所に張られた売上表に、従業員は揃って

  •  4
  •  0

1574: 夜の虹 【作品概要】

「夜の虹」と言う、二つ名を持つ仙道月虹(

  •  2
  •  0

1572: 番外編 金襴の契り 4 【最終話とおまけ】

※BL的性表現があります。ご注意ください

  •  6
  •  0

1571: 番外編 金襴の契り 3

鶴千代は杏一郎の為すまま、静かに息を詰め

  •  3
  •  0

1570: 番外編 金襴の契り 2

人払いした寝所に入ると、杏一郎はまっすぐ

  •  3
  •  0

1569: 番外編 金襴の契り 1

季節は夏になろうとしていた。藩校では春が

  •  5
  •  0

1568: 番外編 金襴の契り 【作品概要】

変わらぬ日々を過ごしていた、鶴千代と杏一

  •  1
  •  0

1567: 番外編 変わらぬ想い 2

数日前、鶴千代は杏一郎に登城せずとも良い

  •  7
  •  0

1566: 番外編 変わらぬ想い 1

双馬杏一郎、17歳の春である。藩の重役、5

  •  4
  •  0

1565: 番外編 赤べこ 3

杏一郎は話をしながら、布団の中から鶴千代

  •  4
  •  0

1564: 番外編 赤べこ 2

日々は瞬く間に過ぎてゆく。「急ぎ支度せよ

  •  2
  •  0

1563: 番外編 赤べこ 1

大津の父、双馬杏一郎の若かりし頃の話であ

  •  2
  •  0

1562: 番外編・桃花咲く里の二人

BL的性愛表現があります。ご注意ください夜

  •  4
  •  0

1561: 桃花散る里の秘め 24 【最終話】

国家老は晴れ晴れとした顔で帰宅した。「琴

  •  2
  •  0

1560: 挿絵 「大津の日記・父上とお城へ行きました」

大津でっす。(〃゚∇゚〃) 父上とお城へ行きま

  •  4
  •  0

1559: 桃花散る里の秘め 23

翌日、大津は父に連れられ、初めて登城する

  •  4
  •  0

1558: 桃花散る里の秘め 22

大きな父の胸に抱かれる大津に、床の義高は

  •  2
  •  0

1557: 桃花散る里の秘め 21

帰宅して直ぐに義高の元に駆けつけたかった

  •  2
  •  0

1556: 桃花散る里の秘め 20

国家老が社の扉を開けた時、高坂一颯は必死

  •  4
  •  0

1555: 桃花散る里の秘め 19

社の中で、義高はじっと高坂の動向を探って

  •  4
  •  0

1554: 桃花散る里の秘め 18

大津を追わせないように、義高は内側からし

  •  2
  •  0

1553: 桃花散る里の秘め 17

「意地悪を言っただけって……ほんとうですか

  •  4
  •  0

1552: 桃花散る里の秘め 16

ほんの一刻(約14分)前。「さあ、大姫さま。

  •  4
  •  0

1551: 桃花散る里の秘め 15

所望された茶を運んできた義高は、自分の部

  •  0
  •  0

1550: 桃花散る里の秘め 14

義高は仕方なく高坂と連れだって門をくぐっ

  •  6
  •  0

1548: 桃花散る里の秘め 13

「高坂殿……大姫さまが、川に落ちたことをご

  •  2
  •  0

1549: どうやっても……

ブログ村に記事が反映されません。新しいお

  •  0
  •  0

1546: 桃花散る里の秘め 12

国家老は肩を落としていた。主君は、国家老

  •  2
  •  0

1545: 桃花散る里の秘め 11

数日後、元服を控えた少年たちによる御前試

  •  2
  •  0

1544: 桃花散る里の秘め 10

国家老は義高を呼ぶと、薄暗い行燈の元で、

  •  4
  •  0

1543: 桃花散る里の秘め 9

門番の知らせで、侍女が血相を変えて走って

  •  0
  •  0

1542: 桃花散る里の秘め 8

「……うっ……」やがて……こぷりと口元から水を

  •  2
  •  0

1541: 桃花散る里の秘め 7

「おっ!かかった!」「よし!でかいぞ。」

  •  0
  •  0

1540: 桃花散る里の秘め 6

いつもは大姫に合わせ、ゆっくりと歩く義高

  •  0
  •  0

1539: 桃花散る里の秘め 5

ある日、藩校から急ぎ帰ってきた義高は、見

  •  0
  •  0

1538: 桃花散る里の秘め 4

国家老の娘は、こうして深く家の中に隠され

  •  0
  •  0

1537: 桃花散る里の秘め 3

8年前。流行病に倒れた愛児の遺骸を抱きし

  •  2
  •  0

1536: 桃花散る里の秘め 2

濡れ縁から様子を眺めていた、大姫の父、国

  •  0
  •  0

1535: 桃花散る里の秘め 1

桃の木の紅色の蕾は、日差しを浴びてちらほ

  •  4
  •  0

1534: 桃花散る里の秘め 【作品概要】

戦国の世。恭順の意を示した隣国の大槻家か

  •  0
  •  0

1533: ラッセーラな挿絵

イメージはあるのだけど、なかなか絵になら

  •  2
  •  0

1532: ハートに紅いリボンをかけて……(後編)

隼の白い裸体に、赤いサテンのリボンが映え

  •  2
  •  0

1530: ハートに紅いリボンをかけて……(前編)

沢木 隼(さわき しゅん)人と関わること

  •  8
  •  0

1529: 今更、挿絵とあとがきなど

図書館に、お取り寄せをお願いしてあった、

  •  2
  •  0

1528: 落日の記憶 25 【最終話】

現の帝大病院の外科に担ぎ込まれた雪華は、

  •  2
  •  0

1527: 落日の記憶 24

伸ばし続けた髪に、ばさりとはさみを入れ、

  •  4
  •  0

1526: 落日の記憶 23

懐から黒光りのする拳銃を取り出すと、本郷

  •  0
  •  0

1525: 落日の記憶 22

相手が聞き分けるとは思わなかったが、雪華

  •  0
  •  0

1524: 落日の記憶 21

高級娼館花菱楼でも、時々は一人の男女郎を

  •  0
  •  0

1523: 落日の記憶 20

細雪は頬を染めて肩をすくめ、その場に固ま

  •  0
  •  0

1522: 落日の記憶 19

大江戸の大門が開くと同時に、澄川はささめ

  •  0
  •  0

1521: 落日の記憶 18

「もう……現にはわっちの身内はおりんせん。

  •  0
  •  0

1520: 落日の記憶 17

坪庭の八重桜が、ほころび始め季節の移り変

  •  0
  •  0

1519: 落日の記憶 16

ささめと六花は、こうして無事に禿の時期を

  •  0
  •  0

1518: 落日の記憶 15

馴染みの澄川は、そっと雪華花魁の頬に大き

  •  0
  •  0

1516: 落日の記憶 14

雪華太夫は、登楼した馴染みの客に自慢げに

  •  0
  •  0

1515: 落日の記憶 13

鋭利なガラス片のたちこんだ足は、結局、何

  •  0
  •  0

1514: 落日の記憶 12

……基尋は、白く靄(もや)のかかった広い庭を

  •  0
  •  0

1513: 落日の記憶 11

やり手が「恨むなよ」と、一人ごちながら湯

  •  0
  •  0

1512: 落日の記憶 10

身体の左半身をすのこに付けて、言われるま

  •  2
  •  0

1511: 落日の記憶 9

風呂の外へ放り出された浅黄と、他の男衆が

  •  0
  •  0

1510: 落日の記憶 8

基尋は本郷宮と別れ、浅黄と二人、花菱楼の

  •  0
  •  0

1509: 落日の記憶 7

家を思う基尋は、何も知らなかった。基尋の

  •  0
  •  0

1508: 落日の記憶 6

公家華族として何不自由のない暮らしをして

  •  0
  •  0

1507: 落日の記憶 5

基尋は記憶を探った。「花魁……?光尋お兄さ

  •  0
  •  0

1506: 落日の記憶 4

意を決して、ついに基尋は父に心の内を打ち

  •  2
  •  0

1505: 素敵な年賀状、いただきました(*⌒▽⌒*)♪

          いよいよ明日、沢木淳

  •  6
  •  0

1504: 落日の記憶 3

基尋は父の部屋の前で、一つ大きく息を吸っ

  •  0
  •  0

1503: 落日の記憶 2

かつて、華族と言う階層が有った。****

  •  0
  •  0

1502: 落日の記憶 1

通いなれた洋館の螺旋階段を慌ただしく駆け

  •  2
  •  0

1501: 落日の記憶 【作品概要】

今回は、平成大江戸花魁物語の主人公、澄川

  •  0
  •  0

1498: あけましておめでとうございます

               あけまして

  •  4
  •  0

1497: 年賀状のこと

昨年、此花は読者様に年賀状を描きました。

  •  6
  •  0

1496: 沢木淳也・最後の日 32 【最終話】

精神のバランスを崩した荻野は、取り調べ自

  •  6
  •  0

1495: 沢木淳也・最後の日 31

犯人、荻野慶介が研修した大学病院の形成外

  •  2
  •  0

1494: 沢木淳也・最後の日 30

やっと面会許可が下りた沢木は、最愛の息子

  •  2
  •  0

1493: 沢木淳也・最後の日 29

沢木淳也は速やかに移送され、警察病院に収

  •  3
  •  0

1492: 沢木淳也・最後の日 28

鹿島の構えた拳銃の銃口は、静かに荻野慶介

  •  2
  •  0

1491: 沢木淳也・最後の日 27

「うああーーーーっ!!」荻野は猛烈な痛み

  •  4
  •  0

1490: 沢木淳也・最後の日 26

聞き覚えのあるエンジン音に、鹿島は慌てた

  •  9
  •  0

1489: 沢木淳也・最後の日 25

寝台の上の沢木は、軽く手を握り力の入り具

  •  8
  •  0

1488: 沢木淳也・最後の日 24

鹿島は何とか沢木を助けたいと思っていた。

  •  4
  •  0

1487: 沢木淳也・最後の日 23

閉ざされた病院で、荻野慶介は鹿島雄一の傍

  •  2
  •  0

1486: 沢木淳也・最後の日 22

廃ビルから消えた沢木淳也の行方は、いまだ

  •  2
  •  0

1485: 沢木淳也・最後の日 21

「隼!」周二の呼びかけに、隼は力なく頭を

  •  4
  •  0

1484: 沢木淳也・最後の日 20

木本の運転する車は、滑るように警察署の駐

  •  6
  •  0

1483: 沢木淳也・最後の日 19

所轄の警察署から、沢木淳也のただ一人の身

  •  6
  •  0

1482: 沢木淳也・最後の日 18

画面に流れる文字を、隼はゆっくりと読み上

  •  4
  •  0

1481: 沢木淳也・最後の日 17

ドアホンが鳴り、木本が相手を確かめた。「

  •  0
  •  0

1480: 沢木淳也・最後の日 16

落ち着かない周二を尻目に、戻って来た木本

  •  3
  •  0

1479: 沢木淳也・最後の日 15

沢木は朦朧としながらも、相手に掴みかかろ

  •  2
  •  0

1478: 沢木淳也・最後の日 14

空中に投げ出された沢木は、落ちながら目の

  •  2
  •  0

1477: 沢木淳也・最後の日 13

沢木は、木本に、「もし何かあったら遠慮し

  •  4
  •  0

1476: 沢木淳也・最後の日 12

沢木はいらだっていた。約束の時間を過ぎて

  •  4
  •  0

1475: 沢木淳也・最後の日 11

隼は周二を伴って、呼び出された会議室に向

  •  6
  •  0

1474: 沢木淳也・最後の日 10

生徒会室で過ごす昼休みは、連日、蒼太と隼

  •  6
  •  0

1473: 沢木淳也・最後の日 9

沢木は最後まで残り、今回の捜査で直属の上

  •  4
  •  0

1472: 沢木淳也・最後の日 8

沢木と鹿島が参加した合同捜査会議は、早朝

  •  2
  •  0

1471: 沢木淳也・最後の日 7

静まった警察の奥で、沢木は顔見知りの鑑識

  •  2
  •  0

1470: 沢木淳也・最後の日 6

翌朝、木本と松本は気合を入れて、隼の為に

  •  0
  •  0

1469: 沢木淳也・最後の日 5

沢木が木庭組のビルから出て来ると、待ちか

  •  2
  •  0

1468: いただきもの

羨望の画力で、いつも脳天直撃してくださる

  •  0
  •  0

1467: 沢木淳也・最後の日 4

優しく髪をかきやると、周二はことさら明る

  •  0
  •  0

1466: 沢木淳也・最後の日 3

沢木は愛用の黒い鞄を手にしていた。「隼。

  •  3
  •  0

1465: 沢木淳也・最後の日 2

「ねんねさん、お風呂にお湯入りましたよ。

  •  2
  •  0

1463: 沢木淳也・最後の日 1

付き合い始めて、二回目の秋がやってきた。

  •  2
  •  0

1462: 沢木淳也・最後の日 【作品概要】 

沢木 隼(さわき しゅん)人と関わること

  •  4
  •  0

1461: お知らせ

何度も覗いてくださる方がいらっしゃるよう

  •  7
  •  0

1458: 砂漠の赤い糸 ・おまけ 【文の秘密】とあとがき

腕の中に居る恋人の髪を、優しく指で梳きな

  •  3
  •  0

1457: 砂漠の赤い糸 8 【最終話】

「ラクダに乗った王子さま。ぼくの本名は樋

  •  2
  •  0

1456: 砂漠の赤い糸 7

抗ったせいで、衣服は破れ髪も乱れていた。

  •  0
  •  0

1455: 砂漠の赤い糸 6

降り立った故国の空は青く澄んでいた。昨日

  •  1
  •  0

1454: 砂漠の赤い糸 5

これ以上、雪華花魁が酷い目に遭わないよう

  •  1
  •  0

1453: 砂漠の赤い糸 4

日めくりというカレンダーをめくって、ため

  •  4
  •  0

1452: 砂漠の赤い糸 3

そこでは、二十歳そこそこの寡黙な美しい男

  •  4
  •  0

1451: 砂漠の赤い糸 2

コンクリートの街の地下に、夢のような世界

  •  0
  •  0

1450: 砂漠の赤い糸 1

大江戸で「油屋の若旦那」と二つ名で呼ばれ

  •  1
  •  0

1449: 平成大江戸花魁物語 番外編「再会」……と、あとがき

東呉の祖父、澄川財閥の当主は、何とか小康

  •  1
  •  0

1448: 平成大江戸花魁物語 18 【最終話】

男姿となった雪華花魁が大通りを歩いていて

  •  0
  •  0

1447: 平成大江戸花魁物語 17

公開折檻の後、雪華太夫の元には馴染みの客

  •  1
  •  0

1446: 平成大江戸花魁物語 16

「こんな形でおまえを抱こうとは思わなかっ

  •  0
  •  0

1445: 平成大江戸花魁物語 15

余りに酷い折檻を見ていられず、六花の手を

  •  0
  •  0

1444: 平成大江戸花魁物語 14

ふっと喘いで前髪がはらりと落ちると、まだ

  •  2
  •  0

1443: 平成大江戸花魁物語 13

盛りの枝垂れ桜の周辺に、提灯が提げられ庭

  •  0
  •  0

1442: 平成大江戸花魁物語 12

楼主の顔に喜色が浮かぶ。「ほ……そうかい。

  •  0
  •  0

1441: 平成大江戸花魁物語 11

しかし、例え恋心の暴走でも、年季の明けて

  •  0
  •  0

1440: 平成大江戸花魁物語 10

「雪華兄さん……」「言い訳する気は、毛頭ご

  •  0
  •  0

1439: 平成大江戸花魁物語 9

六花の先輩禿の初雪が、とんでもない事をし

  •  0
  •  0

1438: 平成大江戸花魁物語 8

六花の見た所、娼館・花菱楼は、働く者にと

  •  0
  •  0

1437: 平成大江戸花魁物語 7

油屋(中東の石油王)の申し出た金額に、廓

  •  0
  •  0

1436: 平成大江戸花魁物語 6

六花が行儀見習いで入った娼館・花菱楼は、

  •  0
  •  0

1435: 平成大江戸花魁物語 5

ねぇ……と初雪が六花をつつき覗き込んだ。「

  •  0
  •  0

1434: 平成大江戸花魁物語 4

男が綺麗に着飾って、身体を売る。詳しいこ

  •  0
  •  0

1433: 平成大江戸花魁物語 3

ざわめきと鼻腔に微かに香る甘い匂い……「う

  •  0
  •  0

1432: 平成大江戸花魁物語 2

祖父はついと指を指した。「通行手形が寝台

  •  2
  •  0

1429: 平成大江戸花魁物語 1

洋館の螺旋階段を駆け上り、澄川財閥の直系

  •  0
  •  0

1431: 平成大江戸花魁物語 作品概要

澄川財閥の直系、澄川東吾は11歳になった

  •  0
  •  0

1428: 流れる雲の果て……25 【最終話】

次の日二人は、約束通り朝食の時間に現れた

  •  10
  •  0

1427: 流れる雲の果て……24

顔を上げた美千緒は、はじめて見る穏やかな

  •  0
  •  0

1426: 流れる雲の果て……23

かたかた……と階段を昇る音がするのに気付く

  •  2
  •  0

1425: 流れる雲の果て……22

「でも……」と、松井聡はうなだれた。「それ

  •  0
  •  0

1424: 流れる雲の果て……21

静かに聞いて居た醍醐が、話の腰を折った。

  •  0
  •  0

1423: 流れる雲の果て……20

幸せな大学時代を過ごした後、二人は別々の

  •  0
  •  0

1422: 流れる雲の果て……19

尾関美千緒と松井聡は、大学時代の同級生だ

  •  2
  •  0

1421: 流れる雲の果て……18

美千緒が毎日、劇団醍醐の芝居を見に来た理

  •  2
  •  0

1419: 流れる雲の果て……17

くすん……と、背後で洟をすする音が聞こえた

  •  2
  •  0

1418: 流れる雲の果て……16

薄く目を開ければ、何度か腰を打ち付けた大

  •  1
  •  0

1417: 流れる雲の果て……15

BL的性行為の描写があります。閲覧にご注意

  •  0
  •  0

1416: 流れる雲の果て……14

BL的性行為の描写があります。閲覧にご注意

  •  2
  •  0

1415: 流れる雲の果て……13

月明りの下を、二人は手をつなぎ並んで歩い

  •  2
  •  0

1413: 流れる雲の果て……12

醍醐もまた、父親の顔になっていた。「本気

  •  2
  •  0

1412: 流れる雲の果て……11

拍手は鳴りやまなかった。醍醐は大二郎の演

  •  0
  •  0

1411: 流れる雲の果て……10

残された美千緒は、後ろ手に閉じられた薄い

  •  6
  •  0

1410: 劇団醍醐一座のポスター描きました

本当は連載前にトップページとしてあげるつ

  •  3
  •  0

1409: 流れる雲の果て……9

労わる言葉も忘れ、大二郎は美千緒に夢中に

  •  3
  •  0

1408: 流れる雲の果て……8

BL的表現の行為の描写があります。閲覧にご

  •  2
  •  0

1407: 流れる雲の果て……7

大二郎は泣いた。泣きながら乱暴に、美千緒

  •  5
  •  0

1406: 流れる雲の果て……6

大二郎は、ふと美千緒の持った携帯に目を留

  •  2
  •  0

1405: 流れる雲の果て……5

ある日、学校からものすごい勢いで走って来

  •  2
  •  0

1404: 流れる雲の果て……4

「お兄さん。美千緒さんって呼んでいい?」

  •  2
  •  0

1403: 流れる雲の果て……3

慌ただしく、楽屋にありあわせの布団が持ち

  •  2
  •  0

1402: 流れる雲の果て……2

留守の間も舞台に足を運んでくれるお客さま

  •  4
  •  0

1401: 流れる雲の果て……1

大衆演劇一座「劇団醍醐」は、座長の柏木醍

  •  3
  •  0

1400: 夏の秘めごと 【あとがき】

  •  3
  •  0

1399: 夏の秘めごと 19 【最終話】

禎克の話をさえぎって、上谷は叫んだ。「金

  •  4
  •  0

1398: 夏の秘めごと 18

一体何を話すと言うのだろう。禎克は、今日

  •  0
  •  0

1397: 夏の秘めごと 17

名残は尽きず離れがたかったが、別れること

  •  0
  •  0

1396: 夏の秘めごと 16

「……。」「さあちゃん……?怒ってる?」「ベ

  •  2
  •  0

1395: 夏の秘めごと 15

二人はしばらく抱き合っていたが、やがて、

  •  2
  •  0

1394: 夏の秘めごと 14

BL的性愛描写があります。ご注意ください

  •  2
  •  0

1393: 夏の秘めごと 13

「こっち来て座って、さあちゃん。」忙しな

  •  2
  •  0

1392: 夏の秘めごと 12

さっさと脱いでしまった大二郎は、締め付け

  •  4
  •  0

1391: 夏の秘めごと 11

大二郎は、それから思いもよらない話を打ち

  •  2
  •  0

1390: 夏の秘めごと 10

勝手知ったる小さな風呂に、禎克は湯を張っ

  •  2
  •  0

1389: 夏の秘めごと 9

いつまでそうしていただろう。疲れていた禎

  •  6
  •  0

1388: 夏の秘めごと 8

数時間後、バスは正門前に到着し、すぐさま

  •  4
  •  0

1387: 夏の秘めごと 7

潤んだ目で責めるように上谷を見たが、上谷

  •  1
  •  0

1386: 夏の秘めごと 6

「サダ、うるさいぞ!みんな寝るんだから、

  •  2
  •  0

1385: 夏の秘めごと 5

「おい。金剛!上谷はいたのか?」「う……わ

  •  3
  •  0

1384: 夏の秘めごと 4

帰りのバスに乗り込む前、禎克は上谷の姿が

  •  5
  •  0

1383: 夏の秘めごと 3

しかし善戦虚しく、初出場の禎克の高校は、

  •  1
  •  0

1382: 夏の秘めごと 2

相手チームの先発メンバーは、全員揃って禎

  •  3
  •  0

1381: 夏の秘めごと 1

大二郎に別れを告げた禎克は、バスケ部員全

  •  5
  •  0

1380: 禎克君の恋人 28 【最終話】

禎克は、ぐいと大きく背伸びをした。「さ。

  •  5
  •  0

1379: 禎克君の恋人 27

夜半、微かな人の声で目を覚ますと、大二郎

  •  6
  •  0

1378: 禎克君の恋人 26

「そんなおいしいものじゃないけどね、さあ

  •  1
  •  0

1377: 禎克君の恋人 25

まるで悲鳴のような禎克の声に、驚いた大二

  •  1
  •  0

1376: 金剛禎克

描写用に、イメージ画像です。さあちゃんの

  •  0
  •  0

1375: 禎克君の恋人 24

ベッドに腰を下ろした禎克の足の間に座り、

  •  1
  •  0

1374: 禎克君の恋人 23

食後、そそくさと洗面所に向かう禎克を追っ

  •  0
  •  0

1373: 禎克君の恋人 22

再会した大二郎は、少し慣れて来ると、とん

  •  1
  •  0

1372: 禎克君の恋人 21 (挿絵付き)

浴衣に着替えた大二郎は、目を丸くしてタッ

  •  2
  •  0

1371: 禎克君の恋人 20

観客を見送る大二郎を遠目に眺めて、禎克は

  •  0
  •  0

1370: 禎克君の恋人 19

禎克は思わず立ちあがって、その長身で周囲

  •  0
  •  0

1369: 柏木大二郎 (藤娘)

着物の柄が違うと、イメージが変わります。

  •  1
  •  0

1368: 禎克君の恋人 18

さほど広くはないホテルの劇場内は、ざわめ

  •  1
  •  0

1367: 禎克君の恋人 17

手術を終えた柏木醍醐は、白く靄(もや)の

  •  0
  •  0

1365: 禎克君の恋人 16

舞台が開演するまでのわずかな時間。禎克は

  •  0
  •  0

1364: だいじろうくんと (挿絵)

いただきものです。(*⌒▽⌒*)♪だいじろうく

  •  0
  •  0

1362: 禎克君の恋人 15

大二郎が禎克を見上げた。大きな瞳が濡れて

  •  2
  •  0

1361: 禎克君の恋人 14

「さあちゃん……さあちゃんっ……」下から伸び

  •  2
  •  0

1360: 禎克君の恋人 13

住む世界が違う禎克と親しくしても、どうせ

  •  6
  •  0

1359: 禎克君の恋人 12

一方、禎克は湊からのメールを読んで以来、

  •  1
  •  0

1358: 禎克君の恋人 11

大二郎は、病院にいた。手術中の赤いランプ

  •  3
  •  0

1357: 禎克君の恋人 10

その頃、禎克の携帯も鳴っていた。上谷に、

  •  0
  •  0

1356: 禎克君の恋人 9

醍醐が倒れたのをまだ知らない大二郎は、そ

  •  0
  •  0